45歳の女性ラリースト、ナタリー・バラットが電動ラリークロス『Projekt E』初年度に参戦へ

©株式会社サンズ

 イギリス出身の元ラリーストで現在45歳を迎えたナタリー・バラットが、2020年シーズンに向け新たな挑戦を表明。WorldRX世界ラリークロス選手権のサポートシリーズであり、フルEVマシンによる『Projekt E』シリーズのドライバーラインアップに加わり、STARD製のォード・フィエスタRXスーパーカーをベースとした完全電動RX車両をドライブする。

 同じくFIAの統括するWRC世界ラリー選手権で44ラウンドに参戦し、かつてのヒュンダイ製WRカーやGr.N車両のランサー・エボリューションなどでキャリアを築いてきたバラットは、競技活動を中断してから初のシリーズ復帰を決断。その舞台に、画期的なEVラリークロスの初年度シーズンをセレクトした。

「Projekt Eは素晴らしい機会だと感じていて、その一部になれたことを非常に感謝しています」と、3月8日の国際女性デーに合わせて参戦表明を果たしたバラット。

「この日以上に、私の参戦をアナウンスするのに最適な日はないでしょう? 現段階では予算に応じて全5ラウンドのすべてを戦いたいと考えていて、今はフィジカルコンディションの調整に集中しているわ。ラリーカーに座っていたときから、さらに長い時間が経ってしまったから(笑)」

 元WRCドライバーのマンフレッド・ストール率いる技術集団STARDの手によって開発されたマシンは、彼らがWorldRXで走らせてきたフィエスタEvo.4のボディとシャシーをベースに“REVelution”と呼ばれる電動パワートレインを搭載。150kWを発生する3モーターの構成で、総合出力は612PS、瞬間最大トルクは1100Nmにも達する。

本格的競技の第一線からは退いていたナタリー・バラットだが、その復帰の場に『Projekt E』を選んだ
「現段階では予算に応じて全5ラウンドのすべてを戦いたいと考えている」と語るナタリー・バラット

「このフィエスタREVelutionは完全電動車両で、本当に驚くほど速い。これ以上、何を求めるというの? 私はこの3月後半にもマシンをドライブする予定なの。今からそのテストが待ちきれない気分よ」

 WorldRXのサポートシリーズとして初年度シーズンを迎える『Projekt E』だが、5月16~17日開催のベルギーで初戦を迎え、オールージュを含む象徴的なステージで競技が行われる。

 また、先の3月6日に開催されたFIAワールド・モータースポーツ・カウンシル(WMSC世界モータースポーツ評議会)でロシアのイゴラ・ドライブでの初開催予定ラウンドがキャンセルされたことを受け、1戦減の全4戦開催になる公算が高いと見られていた。

 しかし、シリーズプロモーターのIMGとFIAはすぐさま追加ラウンドの検討に入り、7月4~5日のWorldRX第5戦のスロットに入っていたスウェーデンのホルヘ・モータースタディオンを新たなサポートイベント戦に指定。これで初年度シーズンは晴れて全5戦に“復帰”することとなった。

フィエスタREVelutionは総合出力612PS、瞬間最大トルクは1100Nmにも達する
ロシアのイゴラ・ドライブがキャンセルされたことに対応し、スウェーデンが新たな併催戦に指定された

■『Projekt E』シリーズ2020年カレンダー

ラウンド 開催日 開催地

Rd.1 5月16~17日 ベルギー/スパ・フランコルシャン

Rd.2 6月13~14日 ノルウェー/ヘル

Rd.3 7月4~5日 スウェーデン/ホルヘ

Rd.4 8月1~2日 ドイツ/ニュルブルクリンク

Rd.5 9月19~20日 ラトビア/リガ・ビケルニエキ