ホークス周東が速い速い! OP戦2号はランニングホームラン

© 株式会社Creative2

ソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

6回1死、快足を飛ばしてランニング本塁打

■ソフトバンク 6-0 広島(オープン戦・15日・マツダスタジアム)

 ソフトバンクの周東佑京外野手が15日、広島とのオープン戦(マツダスタジアム)でランニング本塁打をマークした。

 5点リードの6回1死。左腕・高橋から放った打球は中堅・西川のグラブに当たってフェンス沿いを転々。ボールの処理に遅れる間に俊足を飛ばして一気に三塁ベースを蹴る。最後は悠々と本塁へ滑り込んだ。

 昨季代走としてチームトップ25盗塁を決め、昨年11月のプレミア12では代走の切り札として侍ジャパンの世界一に貢献。足でつかんだオープン戦2号で定位置奪取をアピールした。(Full-Count編集部)