【プレミアリーグ】2大ストライカー退団が噂されるアーセナル 新得点源にセルティックの22歳FWを狙う

アーセナルは、セルティックのU-21フランス代表FWオドソンヌ・エドゥアールにオファーを検討しているようだ。

【プレミアリーグ】D・ルイス、“禁断の移籍”を決断した理由を語る「簡単ではなかったけど…」

22歳エドゥアールはニール・レノン監督の下で輝きを放ち、今シーズン公式戦27ゴールを記録。ヨーロッパ主要リーグのクラブが関心を抱いており、リヨンやASモナコ、さらにナポリの名前が挙がっている。またイギリス紙『デイリー・ミラー』によると、アーセナルのミケル・アルテタ監督は2020-21シーズンにチーム再建のため、今夏の移籍市場で大型補強を狙っていると報道。ピエール=エメリク・オーバメヤンやアレクサンドル・ラカゼットといったストライカーの去就が騒がれる中、新たな得点源としてエドゥアール獲得を画策している。

アーセナルがセルティック22歳FW獲得を検討

© 株式会社 LIVE SPORTS MEDIA