COVID-19対策でAppleとGoogleが協力

©ティー・クリエイション株式会社

AppleとGoogleは様々な製品やサービスにおいてライバルです。
しかし、今回の新型コロナウイルス大流行によって、それに打ち勝つために多くの企業が本来の業務や社会との関わり方を変え、支援に向けて取り組んでいます。そして今回、珍しい組み合わせに聞こえますが、AppleとGoogleが協業することになりました。

Google社のブログに投稿された共同発表によると、AppleとGoogleがCOVID-19(新型コロナウイルス)の濃厚接触の可能性を追跡する機能を、それぞれiOSとAndroid向けに共同開発しているとのことです。簡単に説明すると、接触経路の検出とは、病気に感染した人が接触した可能性のある全ての人々の位置を特定しようとする手法です。

「AppleとGoogleは、アプリケーション プログラミング インターフェイス(API)とオペレーティング システム(OS)レベルのテクノロジーによる包括的なソリューションを提供し、接触した可能性を検出します。緊急の必要性を踏まえ、利用者のプライバシー保護を強固にしながら2段階でこのソリューションを実装する計画です。」

今回の取り組みは、Bluetoothによってユーザーがお互いの一定範囲にいる際の記録を匿名で行うものです。つまり、ある人物がウイルス検査で陽性になった場合に、濃厚接触があった可能性のある人物を素早く特定し、迅速なウイルス拡散防止に有効なものになるでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら