堂本剛、木村拓哉との電話の内容告白 「何かあったら一緒にやりたいね、って…」

© 株式会社ドットレンド

KinKi Kidsの堂本剛が4月6日放送のラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)に出演。木村拓哉との電話のエピソードを明かした。

木村のソロライブの初日公演の前に電話をし、花も贈ったという堂本。リスナーからそのことについてメールが寄せられると、堂本は「生意気かな、と思いながらも、初日がんばってください、ってお電話させていただきました」と告白。花は自分の好きな色をセレクトしたと明かした。

電話の内容について堂本は「『いろいろ肩の力抜いてさぁ、いい感じに緊張せずにそのままやりなよ、みたいな、音楽に関しての大御所感出すのやめてくれる?』って言われました。『いや、出してないですよ僕』ってそのやり取りずっとやってました(笑)」とエピソードを披露。その後もそのようなやり取りは続いたそうで「開演前の忙しいときに、そうやって電話で遊んでくださったことをね、ありがたいな、なんて思って」とうれしそうに感謝の気持ちを送った。

木村からは「何かあったら一緒にやりたいね」という言葉もあったそうで、堂本は「僕でよかったらいつでも出動いたしますので、なんなりとお申し付けください、って」と返答したという。さらに「いつかお兄さんに生意気にも曲書かせてもらうときがきたらいいですね」意気込み「何かありましたらなんなりとお申し付けください。決してベテラン感を出して言ってるわけではありません」と語った。