コロナ禍の「一人時間」に婚活女子がやるべきこと

© 株式会社マイナビ

全世界的なコロナ禍により、外出自粛・リモートワーク推進などで、終日家に引きこもる方も増えていることと思います。

当然、親元を離れて一人暮らししている未婚の女性は、友達とお茶することもできず、下手すれば終日誰とも会話をしないで終わる日もあるのではないでしょうか。たとえ付き合っている彼氏がいたとしても、こんな状況ではデートすることもままならないでしょう。

ネットでは、ほぼコロナ関係の記事であふれ、恋愛や婚活に関する記事を見ることは極端に減りました。生命の危機に直面すれば、恋愛も結婚もその優先順位は下がります。

婚活・恋愛マッチングサービスで活動してきた人も、今は「直接の対面」ができないわけですから、無理に活動を続けるより、いったん休止した方が良いかもしれません。逆に、こんな時期にも関わらず「会おうよ」なんてアクションをしてくる男は、間違いなくハズレなので、会う必要もないといえるでしょう。

はからずも、一人の時間ができたことで、案外その快適性を楽しんでいる独身女性も多いはずです。「一人の時間を楽しむ」というと、男性の方が多いと早合点してしまいますが、実は反対です。

僕の主宰するラボで2020年3月に調査したところによると、「家族や恋人がいても一人の時間を確保したい」と考える率は、意外に女性の方が多いのです。20代独身男性は69%なのに対して、女性は83%。30代でも男性74%に対し、女性は86%を占めます。

しかも、これは既婚男女で見ても同様ですし、2014年以降同じ調査を継続していますが、傾向は一緒です。つまり、女性の方が「ソロの時間」を欲しているのです。

とはいえ、独身一人暮らしであっても、今までの通常の毎日の中では、なかなか一人の時間を楽しむことはできなかったと思います。例えば、平日のランチも、本当は一人で済ませたくても、誘われればみんなと一緒に外に出ることもあるでしょう。プライベートにおける飲み会の誘いを毎回断るのもカドが立ちます。

私たちは日常の社会生活の中では、友達や周囲の人達に合わせて「受け身の集団行動」をしていた部分がかなりあります。

ところが、今は違います。そもそも人との接触自体を自粛しようという環境下にあります。十分に「一人の時間」があります。巷では、オンライン飲み会なるものもはやっているそうですが、何もせっかくの「ソロの時間」を、擬似的な「集団の時間」で置き換える必要もないと思います。

むしろ、今しかできないこと、つまり、「ソロの時間」だからこそできる「自己と向き合う」いい機会になると考えます。

■未婚者の自己肯定感が低い理由

自己肯定感という言葉があります。あなたは自分を肯定できていますか?

実は、未婚と既婚とで自己肯定感を比較すると圧倒的に未婚の自己肯定感が低いのです。これは男女とも同じです。

なぜ、未婚者は自分で自分を肯定できないのでしょう。かといって、結婚が自己肯定感と直結するものではないのです。

結婚したからといって自己肯定感が上がるわけではありませんし、逆に、自己肯定感が高いからといって結婚できるわけではありません。

結論から言えば、未婚者の自己肯定感が低いのは、自己を知らないからです。

見知っている友達と見知らぬ赤の他人がいたら、どちらに親近感や安心感を覚えますか?誰もが見知っている友達の方だと思います。知らない人に対しては警戒するし、不安にもなります。当然信用なんかできませんよね。

これと同じように、あなたが自己肯定できないのは、決して自分がダメなわけではなく、むしろ「自分で自分のことを知らない」からだし、「自分で自分を信用していない」からなのです。

■未婚女性が自己肯定感を高める方法

特徴的な調査結果があります。「写真に写った自分の顔を嫌いだと思うか」という質問に対し、最も嫌悪感を持っていたのは未婚女性たちでした。全ての年齢において一番高いのです。

なぜ自分の顔を嫌いだと感じるのでしょう?それは、見慣れていないからです。

女性は多くの場合、毎日メイクをして鏡で自分の顔を見慣れているはずだと思うでしょうが、鏡の顔は左右反対です。人間の顔は微妙に左右非対称なので、鏡の中の顔と写真で見る顔とは同じではありません。

写真に写った自分の顔が嫌いな人は当然あまり自分の写真を撮りません。自己肯定感の低い人のスマホには自撮りの写真が極端に少ないのです。

自己肯定感の低い未婚女性は、ぜひ騙されたと思って「90日間自撮りチャレンジ」に取り組んでいただければと思います。SNSに公開する必要はありませんが、毎日自分の写真を撮り続けるというものです。

自撮りが、なぜ自分の肯定につながるかというと、単純に自分の顔を見慣れるからです。ザイオンス効果(単純接触効果)と呼ばれるもので、人間は見慣れたものに好意を示すようになります。

慣れればいいので、意識的に好きになる必要はありません。好きになろうとすると大変ですが、慣れるには毎日繰り返し、(鏡の中ではない)自分の顔を客観的に見る習慣を作ればいいだけです。

90日続いたとしたら、ぜひ初日の写真と見比べてみてください。きっと違いに気付くはずです。90日続けていく間に、大抵の人は撮り方にも慣れ、表情の作り方も工夫していくので、見違えるほど写真の中の自分が変わっている場合もあります。

そして、それは表面的なことだけではなく、内面的にも変わります。90日前の写真は「主観的な自分」を写したものであり、90日後は「客観的な自分」になっているはずです。

自分を知るということは、取りも直さず「自分を客観的に見る」行為ができるようになることです。

写真を毛嫌いしていると、いつまでも客観的な自分を知ることができません。自撮りを続けて、自分の写真を見慣れるということは、自己を客観的に見る視点を養うことになります。

■コロナ禍の今、自分に向き合ういいチャンス

「主人公」という言葉があります。これは今では、ドラマや小説などで中心的役割を果たす人物のことを指します。

しかし、もともとは中国の荘子の言葉で、簡単にいえば「自分の中にある自分と客観的に向き合う」ということです。

自己肯定感の低い人ほど、「自分はこうあるべき」「自分はもっとできるはず」という主観的・希望的自己にとらわれています。

その願望と現実の自分とのギャップが大きいほど、自己肯定できなくなるのです。

「自分の中にはたくさんの自分がいる」そう思って、一度自己と向き合ってみてはいかがでしょうか。

中には、脇役のような自分もいる、悪い事を考えている自分もいる、いろんな自分がいることに気付ければ、もうその時点で自分を客観視できていることになります。

いわゆる没主観の状態ですが、それが自己肯定感の高い状態へ通じます。

人と接触することを制限されている今この時期だからこそ、日常的な雑音から離れて、自分の内面と徹底的に向き合ってみましょう。自分に慣れ、自分を好きになるよう、日々の習慣を作ってみてはどうでしょうか。

自己肯定できない人は自分を好きになれないだけではなく、他者を愛することもできなくなります。

「好きな人がいない」と嘆いている人の問題の根元は、「自分を好きになれていない」ことなのです。

(荒川和久)

※写真はイメージです