《雲龍軒》あっさり系とんこつがうまい!珍しいタイプの玉名ラーメン@メニュー・価格帯

© 株式会社城嶋

「雲龍軒」さんへ。

本日ご紹介するのは玉名市にお店をかまえる「雲龍軒」。

最近玉名ラーメンの紹介が続いていて、体の隅々までとんこつに染まってしまうんじゃないかと怪訝しているが

いっそ玉名ラーメン特集でもやればいいんじゃね?

ってな感じでポジティブに捉えつつネタも生み出したところで「雲龍軒」さんのご紹介に移る。

住宅街を少し入り込んだところに雲龍軒ある。

この黄色い暖簾が目印だ。

店内は昔ながらの家庭的な雰囲気を味わうことができる。
ログハウス的な魅力があり、いい意味で味わい深いオールド感が居心地がいい。

カウンター・テーブル・お座敷と様々なニーズに対応しているのも特徴だ。

雲龍軒のメニューを紹介!

メニューの種類は

  • ラーメン(とんこつ)
  • ちゃんぽん
  • やきそば

などなど麺類種目を総なめにする強気なラインナップ。

餃子・おにぎり(ごはん)がついたお得なセットに変更することもできる。

麺も県産の玉名市の小麦を使っておりこだわりが垣間見える。

今回は定番メニューから「ラーメン(とんこつ)」を注文させていただいた。

まろやかなコクのあるスープがばつぐんにおいしい一杯

注文をいれ5分ほどでラーメンが到着。

トッピングはチャーシュー・海苔・ネギ・きくらげの定番のスタイル。
毎日食べているとはいえ、やはり九州男児。とんこつラーメンを目の前にすると食欲がめきめきとわいてくる。

まずはスープから一口・・・。

さっぱりとしたとんこつがたまらないスープ。
玉名ラーメンといえば、こってりめのとんこつが特徴だが、雲龍軒さんのラーメンは少し異なるようだ。

間違いなくとんこつなのだが、なにか違う。
そんな違和感を感じるスープ(もちろんいい意味で)。

とにかく不思議で、そこに魅了されるスープなのだ。

続いて麺を一口。

さすが県産の小麦!!と違いを感じられるほど僕の味覚は鋭くはないが、麺がおいしいのはわかる。

すこし芯をのこしたアルデンテ風の麺がたまらない。
食べ比べてみると違いがわかるのかもしれない。

とまあ一通りおいしく食べ終えたところで、重大なミスが発覚する。

にんにくチップをいれていない。

いやたしかに玉名ラーメンにしては「にんにくチップがないな〜」と思ってはいたが、まさかセルフだったとは。
他店では基本配膳時に尋ねられるため完全に見落としていた。
セルフということは「にんにくチップ」をいくらでもかけられる!さらに「追いにんにくチップ」もできたではないか!

これは「にんにくチップ」が見えなかった自分の視野の狭さを呪うしかない。自分の落ち度をお店のせいにするわけにはいかない。

とはいえ、「にんにくチップ」がなかったにしても雲龍軒のラーメンが美味しかったことには違いない。

ここまで語っておいて僕は特別「にんにくチップ」が好きなわけではないのだが、

「あのラーメンに「にんにくチップ」をいれたらどういう味がしたんだろう」
「もしあのとき「追いにんにくチップ」をできていれば・・・」

と後悔しない夜はない。

「にんにくチップ」リベンジを密かに誓った2020年の春。

嗚呼、にんにくチップ。

アクセス

店名:雲龍軒(Google マップで見る

住所:〒865-0066 熊本県玉名市山田1954

電話番号:0968-73-6211

駐車場:有

また次回のお店紹介をお楽しみに!