オシャレなキッチンでホットケーキを作る山田涼介の女子力

© 株式会社ドットレンド

ジャニーズ事務所では、新型コロナウイルスに対する社会貢献・支援活動プロジェクト「Johnny's Smile Up! Project(ジャニーズ・スマイルアップ・プロジェクト)を立ち上げ、連日YouTube公式チャンネルで、所属タレントがコロナを乗りきる工夫や家で楽しむアイディアなどをレクチャーしエールを送っている。

これまで、木村拓哉の正しい手洗い法や城島茂の除菌剤の作り方、岡田准一の受け身チャレンジなど、タレントの個性を発揮した楽しくためになる動画を公開しているが、4月24日は、山田涼介(Hey! Say! JUMP)が、ホットケーキを作る動画が公開された。このホットケーキづくりから山田の私生活やこだわりが垣間見られた。

ブラックで統一されたオシャレすぎるキッチン

山田は、必要最低限のものがあったときだけ買い物に行き、家で筋トレや映画を見たり、自分なりに楽しいことを見つけながら過ごしていると近況を語った。

動画を撮影している場所は自宅と思われるキッチン。天板は石目調の人造大理石で、面板はブラック、家電もブラックで統一されている。SNSではそのオシャレなブラック家電に注目するファンも多く、「トースターはバルミューダのスチームオーブントースター、炊飯器はシロカの全自動炊飯土鍋・かまどさん電気、コーヒーメーカーはシロカ全自動コーヒーメーカー、ミキサーはパナソニックのファイバーミキサー(ブラウン)だろう」などと、あっという間に特定された。

手際の良さと健康を配慮した材料のチョイス

 山田は、まず手を洗い、手指を消毒してから調理を始めた。ホットケーキの袋はキッチンバサミではなくカッターで開け、ホットケーキの粉も豆乳も目分量で入れ、泡だて器を使って高速で生地を混ぜた。揃えている家電を見ても、手際がよく、料理慣れしている様子がわかる。

 IHではなくきれいに掃除されたガスコンロ。弱火でホットケーキがきれいなきつね色に焼けると、あまおういちごとバナナの輪切りをのせて、キャラメルソースを格子状にかけて、山田流フルーツデコホットケーキが完成した。

 見た目の可愛さも山田らしいが、フライパンに油を引かないこと、牛乳の代わりに豆乳(キッコーマンの調整豆乳)を使い、さらにゼロカロリーのキャラメルソースを使っていることから、健康に気をつけていることがわかる。

ファンはバーモントカレーの箱に歓喜

 黒で統一されたハイセンスなキッチンで片耳だけのピアス、白の清潔感あるトップスを腕まくりしてと筋肉が程よくついた腕にきれいなが見えてカッコよさはテレビと変わらない。家電を見ても、ちゃんとご飯を炊き、豆から挽きたての珈琲を楽しみ、野菜ジュース(スムージー)などを作って自炊して、健康にいい食事をしていることがわかる。また、動画の途中でバーモントカレーの箱がチラリと映り「知念愛にあふれている」「幸せな動画」とファンは歓喜した。

 SNSでは、「自宅にフルーツがあるってさすが」「お肌がきれい、唇がプルプルで顔面が最高」「目線が合って免疫力が上がった」、「あんなにきれいに焼けないし盛り付けのセンスがすごい、女子力高すぎる」と様々な面からファンを喜ばせた。

家にいる機会が多く、自宅でお菓子作りを楽しむ人が増えている。山田に刺激され、この機会にホットケーキ作りにチャレンジしてみてはいかが。

〈ライター/佐藤ジェニー〉※写真はイメージです。