【新型コロナ】茅ケ崎市もドライブスルー方式でPCR検査 27日受け付け開始へ

© 株式会社神奈川新聞社

茅ケ崎市役所

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、神奈川県茅ケ崎市は24日、車に乗ったまま検体を採取できる「ドライブスル-方式」のPCR検査を導入し、27日に受け付けを開始すると発表した。

 完全予約制で、かかりつけ医を受診し医師がPCR検査が必要と判断した人が対象。市が検査センタ-の運営を茅ケ崎医師会に委託し、1日当たり医師1人、看護師1人、事務職1人の計3人体制で実施する。

 検体1件当たり12分、1日2時間で10件ほどの検体採取を想定。検体は当日夜に回収して民間検査機関が検査し、翌日に結果が医師会に伝達される。

 同市は、従来の帰国者・接触者外来での検査と合わせ、1日当たり約20件の検査採取が可能になるとしている。