<新型コロナ>18人が感染 東松山の医療従事者や入間老人ホームの利用者ら さいたま、川越でも

© 株式会社埼玉新聞社

埼玉県庁=埼玉県さいたま市浦和区高砂

 埼玉県などは24日、新型コロナウイルスの感染者が新たに18人判明したと発表した。同日までに確認された陽性者は787人(チャーター帰国便者含む)になった。重症者は20人。感染者の指定医療機関への入院は106人。一般医療機関への入院が144人、ホテル滞在が36人。自宅待機356人(24日午後6時現在)。97人がすでに回復し退院している。

 県によると、県管轄で感染が判明したのは、20~70代の男女計11人。東松山市の70代の医療従事者男性らが感染した。また、23日に感染が確認された入間市の90代女性は「入間老人ホーム」の利用者だったと発表。同施設関係の感染者は11人となった。

 さいたま市によると、感染が判明したのは20~80代の男女5人。30代の公務員男性と、60代の団体職員男性はともに勤務先で感染者が確認されている。80代の無職女性は入院中。そのほかはいずれも軽症で今後、入院予定。

 川越市によると、感染が判明したのは、70代の無職男性と40代の会社員男性。2人とも23日に陽性が判明した。