<新型コロナ>観光客で感染拡大が懸念 渋滞も発生の秩父地域、首長ら緊急メッセージ「来訪の遠慮を」

© 株式会社埼玉新聞社

芝桜の丘は封鎖されたが、入園者は後を絶たなかった=4日午前10時55分ごろ、秩父市大宮の羊山公園

 埼玉県の秩父地域の1市4町1村(秩父、横瀬、皆野、長瀞、小鹿野、東秩父)の首長は24日、新型コロナウイルス感染拡大防止で、緊急事態宣言中に秩父地域への来訪を遠慮するように求めた緊急メッセージを発表した。

 都心部では人出が減少しているが、週末の秩父地域は明らかに観光目的と思われる自家用車や観光客が見受けられ、時間帯によっては渋滞も発生。秩父地域の感染者は市内の2人のみが確認されているが、観光客によって感染の拡大が懸念されるため、緊急メッセージを発信することにした。

 久喜邦康市長は「秩父地域は高齢化率が高く、また医療体制も決して盤石とは言い切れないことから、万が一感染が急速に拡大した場合には医療崩壊が起きる可能性がある」として、自宅で過ごすように呼び掛けた。秩父地域の入り口に「大事な命を守るため今は自宅で過ごしましょう」などと書かれた立て看板も設置することも明らかにした。