外出自粛で高まる“婚活需要”マッチングアプリでの“オンラインデート”も人気に!

© 株式会社ジェイプレス社

ABEMAの、ニュース番組『ABEMA Prime』4月23日(木)夜9時からの放送で、新型コロナウイルスの感染防止のため、番組MCでお笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹、進行を務めるテレビ朝日・平石直之アナウンサー、アイドルグループSKE48の元メンバーでフリーアナウンサーの柴田阿弥以外のコメンテーターが自宅や職場から“テレワーク”で出演した。また、スタジオメンバーは、飛沫が飛ぶのを防ぐため透明のマスクを着用し、出演した。

この日の放送では、外出自粛によって、需要が高まっているという“オンライン婚活”について特集した。特集では、株式会社マッチングエージェントが運営するマッチングアプリ『タップル誕生』が推奨する、外出せずにマッチングした相手とビデオチャットを楽しむことができる“オンラインデート”を紹介し、現在婚活中でIT企業勤務のゆかりさんが、初対面の男性と行なった“オンラインデート”の様子を放送。自宅からリモート出演したゆかりさんは、オンラインデートを始めたきっかけとして「コロナで自粛する前までは、毎週末誰かしらに会って、ハイペースでデートしてたんですけど。もうここ1ヵ月ぐらい誰とも会ってない」と、現状を明かした。一方でマッチングアプリ上で起きた変化として、「実感として『普段は忙しいけど在宅勤務で時間ができたので、これを機に始めました』という人をよく見ます」と『タップル誕生』の利用者が増えてきていことも明かした。また、オンラインデートのメリットとして「実際に会うよりも効率的にデートできる」「1日に何人かと会話できる」ことを挙げ、実際に対面するオフラインのデートと比べて、そのハードルの低さや気軽さを強調した。

また、“オンラインデート”の様子をスタジオで見守っていた慶応大学特任准教授などを務める若新雄純氏は、「みんなオンラインを活用し始めてから、『リアルをオンラインでも置き換えられるか?』って話ばかりしてるけど、僕はちょっと違うと思っていて。オンラインでやるからこそ、できることもあるじゃないですか。思ったのは、“オンラインデート”中の2人のやりとりを録画しといて、男友達に見てもらうのが良いと思う。僕はナルシスト研究の第一人者だから、さっきの映像を見ただけで、相手の男性が“ただのイケメン”か“自分好きのイケメン”かが、一瞬で分かるんですよ。さっきの彼は申し訳ないけど、かなり自分好き度高めのイケメンだったわけ。そういうのに詳しい男友達に見てもらって、第三者の意見をもらうのは参考になると思う。デートを覗くことは難しいけど、オンラインだったら録画して見せればいい。そういう意味で置き換えじゃなくて、オンラインならではの使い方をした方がいい」と提言した。

若新氏の言葉を受けて、番組MCのりんたろー。は「確かにさっきのデート相手の彼の様子が、僕のインスタライブにそっくりだったんですよ…。だから彼は自分がちょっと好きだと思う。僕もタバコ全然吸いたくないのに、吸ったりしていました」と告白。相方の兼近は、「りんたろー。さんのインスタライブ、まじでつまんないっす」とかっこよさを追求することで、笑いがおろそかになっていることを指摘し、スタジオの笑いを誘った。

本放送の様子は、現在も「ABEMAビデオ」で配信中。

■『ABEMA Prime』 放送概要

放送日時 :毎週月~金曜 夜9時~夜11時  ※生放送

放送チャンネル:ABEMA NEWSチャンネル

(C)テレビ朝日

(C)AbemaTV,Inc.

この記事はいかがでしたか?