元気だよ ふく「22歳」誕生日 福山市立動物園のボルネオゾウ

© 株式会社山陽新聞社

元気な姿を見せるふく

 国内唯一のボルネオゾウで福山市立動物園(芦田町福田)の人気者・ふくが28日、推定22歳となる誕生日を迎えた。同園は新型コロナウイルスの影響で5月6日まで休園中のため、祝日の29日に毎年開かれている誕生日イベントは中止となったが、同園のSNS(会員制交流サイト)でプレゼントのケーキを食べるふくの写真や動画がアップされる。

 ふくは雌で体高約2.3メートル、体重2735キロ。ボルネオ島で群れからはぐれているところを保護され、2001年に推定3歳で同園に来た。16年3月には結核と診断され、18年10月まで投薬治療を続けた。一時は食欲もなく体重が落ちるなど命の危険にさらされたが飼育員や獣医師らが必死に看病をした。懸命に生きようとするふくを支援しようと全国のファンからも多くの寄付が寄せられた。

 現在は寄付を使って作られた筒形の遊具で元気に遊んでいる姿が見られる。

 飼育員の井亀徹さん(45)は「新型コロナの感染拡大で不安な気持ちの人も多いと思うが、病気は違うけれど周りの人に支えられながらあきらめずに治療に取り組んだふくちゃんの姿から元気をもらえるはず」と話している。