【交通死亡事故】愛知県で多発傾向続く

5月の5日間で少なくとも5件5人

© 合同会社交通時象社

4月末時点で交通事故死者が都道府県別全国ワーストとなっている愛知県では、5月に入っても交通死亡事故が相次いでいます。愛知県警発表・報道等によると、5日朝までに少なくとも5件5人が確認されています。なお、昨年同時期は1件1人でした。

・豊橋市(1日06:55頃)
 交差点で歩行者と軽乗用車の接触事故、70代女性が搬送先の病院で死亡〔愛知県警/中京テレビ〕
・豊田市(1日17:10頃)
 歩行者と乗用車の接触事故、80代男性が死亡〔愛知県警〕
・名古屋市千種区(3日21:30頃)
 乗用車が縁石に衝突し横転事故、50代男性が搬送先の病院で死亡〔中部日本放送〕
・大治町(4日20:15頃)
 県道で軽トラックと路上横臥者の接触事故、70代前半女性が搬送先の病院で死亡〔愛知県警/東海テレビ・中部日本放送〕
・蒲郡市(5日00:15頃)
 軽乗用車が道路脇のガードレールに衝突事故、70代男性が死亡〔愛知県警〕