D1グランプリ:Team TOYO TIRES DRIFT、2020年もシリーズに挑戦。カラーリングを一新

©株式会社サンズ

 D1グランプリシリーズに参戦するTeam TOYO TIRES DRIFTは6月11日、2020年の参戦体制と、新たなテレビCF『青を灯せ』と連動した、ブランドカラーである青を強調したカラーリングデザインを発表した。

 2007年からD1に挑戦しているTeam TOYO TIRES DRIFTは、2020年も川畑真人、藤野秀之、タイ人ドライバーのポン(デイチャポン・トオインチャロン)の3人によるワークス体制で挑む。また、チームはテレビCF『青を灯せ』と連動したブルーを強調した、新鮮な印象のカラーリングをまとうことになった。

 また、トーヨーは松井有紀夫(Team RE雨宮K&N)に加え、2年ぶりのD1復帰となる松山北斗(FAT FIVE RACING)といった有力ドライバーへのタイヤサポートも行う。さらに、11日に参戦が発表されたエヴァンゲリオンレーシングへのタイヤサポートを行う。

 新型コロナウイルスの影響でスケジュールが変更されたD1は、7月23〜24日に奥伊吹モーターパークで開幕戦を迎える。