ダーバン従業員就労支援へ協議 日南市、国など対策会議

© 株式会社宮崎日日新聞社

 紳士服製造業のダーバン宮崎ソーイング(日南市北郷町)が民事再生法の適用を申請し、全従業員136人を解雇することを受け、日南市は国、県などの関係機関と11日、対策連絡会議を設立し、市役所で初会合を開いた。民事再生手続きに至った経緯を確認したほか、従業員の就労支援などについて協議した。