在日米軍、新型コロナウイルス対策の警戒レベルを引き下げ

© 高橋浩祐

Kosuke Takahashi

Journalist

Kosuke Takahashi

Journalist

英軍事誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー東京特派員。ホリプロ所属。ハフポスト日本版前編集長。米コロンビア大学院ジャーナリズムスクールと国際公共政策(SIPA)修了。NK Newsや論座等にも寄稿中。英語ツイッター@TakahashiKosuke

Kosuke Takahashiの記事一覧を見る

在日米軍のシュナイダー司令官は6月12日、同日正午をもって日本に駐留する全部隊に対し、新型コロナウイルスの健康保護についての警戒レベルを、5段階のうち2番目に高い段階「チャーリー」から3段階目の「ブラボー」に引き下げた。

チャーリーは「重大」(substantial)、ブラボーは「適度」(moderate)をそれぞれ意味する。在日米軍は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月25日に警戒レベルをチャーリーに引き上げていた。

(出典:米陸軍公衆衛生センター)

在日米軍は6月12日に公式ホームページ上に掲載した声明の中で、「施設と基地司令官は引き続き、各管轄地域の状況を評価する。そして、必要な場合には、在日米軍司令部の基本保護態勢レベルであるブラボーからより厳しいレベルに引き上げる権限を有している」と注意を促している。

また、「在日米軍司令部に関係するすべての基地職員は、各地域の方針と自らが所属する各施設の健康保護態勢レベルが、どのように自分たちに影響を与えるのかについて十分に理解するため、所属する各指揮系統の指示に従って業務を遂行することが望まれる」と述べている。

(Text by Takahashi Kosuke)無断転載禁止