シャンパンを飲む女性はモテる!?特別な女性になるシャンパンたしなみ術

© 株式会社メディアシーク

「シャンパンが似合う女性になりたい」。女性であれば、そう願う人もきっと多いはず。実は、シャンパンが似合う女性って、男性にモテるという説もあるんですよ。とういうことで、今回は大人の魅力を引き立てる、シャンパンのたしなみ方をご紹介します。アラサー女性だからこそ身につけたい、シャンパンの素敵な言い伝えや基礎知識もご紹介します。

 

男性が女性にシャンパンを贈る“特別”な意味とは?


お誕生日や、クリスマスなどの記念日に、男性が女性にシャンパンをプレゼントする機会ってけっこうあるかと思います。でも、男性が女性にシャンパンを贈る理由って知っていますか?

実はそこには素敵な意味が隠されているんですよ♪彼からシャンパンをプレゼントされたら、それは、あなたがとても大事にされている証です♡

女性を美しく見せてくれるから

飲んでもなお、女性を美しく見せてくれるのはシャンパンだけ。

これはフランス国王ルイ15世の寵愛(ちょうあい)を受けた、ポンパドゥール夫人が残した言葉。
彼女はとても美しい女性として有名でした。ポンパドゥール夫人をはじめ、グレース・ケリーやマリリン・モンローなど、名だたる女性たちもシャンパンを愛しました。

このように昔から女性に愛されてきたシャンパンは、実は美容効果も抜群なんです。
シャンパン酵母には保湿効果が期待できますし、カリウムを含むので、むくみにもいいと言われています。

ちなみに、ポンパドゥール夫人が愛したシャンパンは、今でも女性に人気の「モエ・エ・シャンドン」だそうで、男性ではナポレオンもモエ・エ・シャンドンが好きだったようですよ。
モナコ公妃のグレース・ケリーは「ペリエ・ジュエ」、マリリン・モンローは「パイパー・エドシック」がお好みだったそうです。

自分の大切な女性が、より美しくなるように、シャンパンをプレゼントする…。そう考えると、とても粋な贈り物ですね。

シャンパンの泡が「幸せを意味する」という言い伝えがあるから

グラスに注がれたシャンパンの泡は、シュワシュワと音を奏でながら、下から上と絶えず昇っていきます。そう、シャンパンの泡は「幸せが永遠に続く」ことを意味しているんです。

そして泡の弾けるパチパチという音は、二人の幸せを天使が祝福して、拍手しているかのように聞こえるため「天使の拍手」とも言われているそうです。

シャンパンは選ばれた特別なスパークリングワインだから

「シャンパン=スパークリングワイン」と思っている人が多いようですが、シャンパンは、スパークリングワインの中で特定の基準を満たしたものだけを指します。選ばれた特別なスパークリングワインというわけです。

つまりシャンパンは、男性が「君だけが特別な女性だよ」という気持ちと共に、大切にしている女性に贈るのにふさわしいプレゼントなのです。


男性からプレゼントされたシャンパンに「こんな意味があったんだ」と分かると、プレゼントされるたびに嬉しくなっちゃいそうですし、きっとよりおいしく感じちゃいますよね。
それに、シャンパンに込められた意味を女性側が知っている方が、より気持ちが伝わって、プレゼントする側も嬉しいのではないでしょうか?

続いては、こんな特別なシャンパンが似合う女性になるべく、シャンパンについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

大人の女性のためのシャンパンの基礎知識


シャンパンとスパークリングワインの違い

皆さんご存知だと思いますが、シャンパンとはスパークリングワインの一種。
ここでちょっと気になるのが、シャンパンとスパークリングワインの違い。先ほども少しお話しましたが、「同じ飲み物じゃないの?」と疑問に思う方のために2つの違いをご紹介します。

【シャンパンと呼ばれるための条件】

発泡性ワインのことをスパークリングワインと言いますが、その中でもシャンパンは、フランスの「シャンパーニュ地方」で作られたワインのことを言います。
その他にも、「シャンパン」と呼ぶためには、基準があります。

シャンパーニュ地方で作られたものであること、そして、許可されているブドウ品種を使用すること、伝統製法で作ることが主な条件とされています。
ブドウの品種に関しては、7種類認められていますが、ほとんどがそのうちの3品種(ピノ・ノアール、シャルドネ、ムニエ)で占められているそうです。
その他、さまざまな細かい規定があるのですが、その全ての条件を満たしたものだけが「シャンパン」として、私たちの元へとやってくるのです。

細かいルールを守り抜き、品格、品質を保っているシャンパンは、その歴史も特別なんです。

シャンパンのはじまりはドンペリ?シャンパンの歴史

シャンパンはいつ頃誕生したのでしょうか?その歴史は古く、17世紀頃にさかのぼります。
ワインは「キリストの血」と言われる、聖なる飲み物とされていました。ですから、ワイン栽培から販売までを、修道院で行っていたそうです。

イギリスでも作られていたなどの説もありますが、シャンパーニュ地方で修道士をしていたドン・ペリニヨン氏が、ワイン作りをしている際にシャンパンを誕生させたという説が有名です。
そう、世界中で高級シャンパンとして知られている「ドン・ペリニヨン」は、作った修道士の名前だったんですね。ドン・ペリニヨンの死後は、モエ・エ・シャンドン社が「ドン・ペリニヨン」を所有することになります。

その後はさまざまなメゾン(ワイン・シャンパン製造業者)が誕生し、今では大小5000ものメゾンがシャンパーニュ地方にあるそうです。

 

上品に色っぽっく♡大人のシャンパンの飲み方


細身のシャンパングラスに華奢な女性の手がそっと添えられている姿って、男性からすると、色っぽくて魅力的みたいです。

私の知人女性も、友人とモエ・エ・シャンドンを飲んでいる最中に男性から声をかけられ、その男性と結婚しました。後で旦那さまになぜ、声をかけたか聞いたところ、「彼女のシャンパンを飲む姿がとても美しかったんだよね~。勇気を出して声をかけちゃいました」と言っていました。

美しくシャンパンを飲める女性は、男性にモテるのかもしれません♡
ということで、続いてはシャンパンの飲み方をご紹介します。

シャンパンの冷やし方

シャンパンはよく冷やすことによって、開けた時に泡が噴き出るのを防ぎます。とはいえ、冷やし過ぎると香りが広がらなくなるので、冷蔵庫で冷やすなら3~4時間程度が目安です。

お店で飲むシャンパンの場合はセラーに入っていることがほとんどだと思います。その場合は、ワインクーラーに水と氷を入れ、その中でシャンパンを冷やすと20分~30分程度で適温になるようです。

シャンパンの注ぎ方

開けてすぐに飲むイメージがあるシャンパンですが、すぐには注がずに、泡をボトルの中で少し落ち着かせてから飲むようにしましょう。

シャンパンクーラーを使った場合、ボトルに水滴がつくので、ナプキンも用意した方がスマート。レストランで飲む場合はナプキンがついてくると思いますので、自分で注ぐ場合、底の水滴をふき取ってサーブします。

注ぐ時は、静かに泡が吹きこぼれないように注ぎます。2~3回に分けて、グラスの3分の2程度の高さになるまで、注ぎ入れます。

レストランデートでは、自分で注ぐことはあまりないと思いますが、ホームパーティなどでは注ぐ場面も出てくるのではないでしょうか。そんな時に基本を知っていて、スムーズに振舞えると、男性陣が思わずほれぼれしちゃうはずですよ。

シャンパングラスの持ち方

シャンパングラスを持つ時は、ぜひステムと呼ばれる脚の部分を持つようにしましょう。そうすると、冷やしたシャンパンの香りや温度をより保つことができます。

ただし、立食の場合は、ボウルと呼ばれる胴の部分を持つようにしましょう。その方が落としたりする心配がないですし、安定します。

食事のシーンに合わせたスマートな飲み方ができる女性は、大人の女性として、男性からも魅力的に映ります。

シャンパンの味による分類

シャンパンは、大きく分けて甘口~辛口まで6つに分類されます。

自分の好みにあったシャンパンを選びたいところですが、一体どれが甘口で、どれが辛口なのか、表記で見分けられないと、好みの一杯に出会えない可能性もあります。
ということで、一般的な表記を簡単にご紹介します。

**\[甘口\]**
Doux(ドゥ)
Demi sec(ドゥミ・セック)
Sec(セック)
Extra sec(エクストラ・セック)
Brut(ブリュット)
Extra Brut(クストラ・ブリュット)
**\[辛口\]**

上から甘口で、順に辛口になっていきますので、こちらを目安に、お好きなタイプを選ぶといいと思います。

デートの時、甘口のシャンパンと一緒にイチゴを食べるのも、オシャレで素敵ですよね♪
ちなみに、このイチゴとシャンパンの組み合わせは、イギリスの伝統的な飲み方の一つと言われています。

イギリスではテニスのウィンブルドン開催時期と、イチゴの収穫時期が重なるため、旬のイチゴとシャンパンを味わいながら観戦するスタイルが有名になり、世界中に広まったそうですよ。

 

彼と飲みたい!おススメのシャンパン5選


続いては、特別な日に飲みたいおススメの銘柄をご紹介します。
あなたは彼とどんなシャンパンが飲みたい?

おススメのシャンパン1:ドン・ペリニヨン

Dom Pérignon

日本でもドンペリの愛称で親しまれている、もはや世界中で知らない人はいないくらいの王道シャンパン。白やロゼ、プラチナなど種類も豊富です。

おススメのシャンパン2:サロン

Champagne SALON

1900年代に毛皮商だった、ウジェーヌ・エメ・サロン氏がサロン社を設立。幻のシャンパンと言われる、希少性の高いシャンパン。
シャンパンとして出荷されるまで10年の歳月をかけている、まさにこだわり抜かれたシャンパンです。

おススメのシャンパン3:クリュッグ

Krug Champagne

「シャンパンの帝王」とも言われる、有名なシャンパン。クリュッグしか飲まない愛好家は「クリュギスト」と呼ばれているそうです。
クリュッグ=高価なシャンパンとしても知られているので、女性へのプレゼントに贈る男性も多いようです。

おススメのシャンパン4:ルイ・ロデレール

Champagne Louis Roederer

1776年創業という、古い歴史を持つシャンパーニュメゾンのルイ・ロデレール。現在ではめずらしい、同族経営を続けているメゾンです。
中でもロシア皇帝、アレクサンドル2世が愛飲していた「クリスタル」は今でも愛好家が多いシャンパンです。

おススメのシャンパン5:アンリ・ジロー

CHAMPAGNE HENRI GIRAUD - アンリ・ジロー ジャパン

生産量が少ないことから、昔はモナコ王室やイギリスの上流階級の人々しか味わうことのできなかった「幻のシャンパン」と言われています。

 

大人の恋にはシャンパン

華やかなシーンはもちろん、日常のワンシーンでもさまざまな場面で取り入れられているシャンパン。
シャンパンのたしなみ方を一通り知ったところで、今度は、あなたの恋のワンシーンにもシャンパンを取り入れてみてはいかがですか?

きっと素敵な恋があなたを待っているはずです☆

この記事を書いた人:

ALEX

フードコーディネーター・ライター 恋愛など、女性のお悩み記事も配信していきます! 好きな飲み物は南の島で飲むビール♡