【動画】生きたリュウグウノツカイが野母崎で捕獲される 漁師の男性「35年で初めて」

©株式会社長崎新聞社

定置網で取れたリュウグウノツカイ=長崎市野母町、のもざき朝市

 長崎市野母町沖約200メートルの定置網に2日、“幻の深海魚”とされるリュウグウノツカイ1匹が掛かり、生きたまま水揚げされた。
 野母崎三和漁協の漁業者によると、午前7時ごろに網を引き上げたところ捕獲されていた。体長は約1.5メートル。生態はほとんど解明されておらず、銀白色で、長く赤い背びれなどが特徴。生きて見つかることも珍しく、網を引き上げた男性は「漁師歴35年で自分の網に入ったのは初めて」。
 水揚げ後はいけすで生かし、展示のため長崎ペンギン水族館の職員が搬送を試みたが、環境に適応できず約4時間後に死んだ。
 同水族館学芸員の玉田亮太さん(30)は「前日まで海がしけていたのが関係して掛かったのでは。珍しい魚なので生きたまま連れてきてお客さまにいつか見せたい」と話した。