ゴリゴリのSUVからシティ派に! 時代に流されて都会派になった3代目エクストレイル

©株式会社MOTA

日産 エクストレイル ハイブリッドモデル(2017年6月8日マイナーチェンジ)

プロパイロット搭載で先進SUVへ

3代目エクストレイルは歴代モデルではじめて全幅が1800mmオーバーとなり、全長4690×全幅1820×全高1730mmとかなり大型に。2Lエンジンのほかに、ハイブリッドモデルが新たに加わるなど、時代にあった進化を果たした。2017年にビッグマイナーチェンジでプロパイロットがオプション設定されるなど、先進性もアップ

同じモデルでもかなり違う! マイチェン前の3代目モデルはコレ▼

人気の装備はそのままに3列シートモデル追加

2代目モデルと比較しても洗練されたデザインとなり、これまで人気であったポップアップステアリングを廃止するなど、エクストレイルらしさは皆無に。シリーズ初の3列シートモデルをガソリン車に設定したのは大きなトピックスであった

【筆者:MOTA編集部】