コレです!噂の世界三大健康野菜を使ったチョコモンブラン!

© 北海道文化放送株式会社

みなさんは「世界三大健康野菜」をご存じでしょうか?それは、ヤーコン、キクイモ、アピオスのこと。
いずれもビタミン・鉄分、食物繊維など、からだに良いと言われる成分がたっぷり含まれた野菜なんです♡

実は、この世界三大健康野菜を使った健康志向の店がいま札幌で増えていて、中にはスイーツに使われるなど、注目を集めているんですよ♪

根菜特有の臭みをチョコレートでカバー!?健康野菜を使ったおいしいスイーツ

札幌・南区の「カフェドロマン藻岩店」で7月4日から発売されたこのケーキ。見た目は普通のケーキと変わりませんが、なんと野菜が使われているんですよ☆
しかも、世界三大健康野菜のヤーコン、キクイモ、アピオスが3つとも使われているんです!

3つの野菜を使ったチョコモンブランは、これまでのものと比べ、見た目も味もほとんど変わりません。

「カフェドロマン」オーナーパティシエの竹口健児さんは、「本別町の農協青年部の方々が新しい作物の生産に取り組もうというところから始まりまして、スイーツに、その世界三大健康野菜を使えないかということで取り組み」と、ケーキに健康野菜を使ったきっかけを話していました。

スイーツと野菜をマッチングさせるため、完成まで1年半ほどもかかったと言います。
根菜類は土の香りが強いことから、カカオ、チョコレートとの相性がいいなと気付き、チョコモンブランに世界三大健康野菜を使おうというところに行きついたそうです。

野菜はペースト状になって本別町から到着。土台のクッキーには、アピオスとキクイモ。中のブラウニーには、ヤーコンとキクイモのペーストが練りこまれています。

専門家も絶賛のうれしい効果☆家庭料理にも浸透しています

このケーキと世界三大健康野菜という不思議な組み合わせ。実は、甘い物好きな人にとってはとってもうれしい組み合わせである事がわかってきたんです☆

札幌保健医療大学の荒川義人教授は、「アピオス、ホドイモと言ったりもするんですが、これはマメ科の植物。たんぱく質が豊富で、それから高血圧を予防するという研究もされている。キクイモやヤーコンは糖分の吸収を抑えたり、コレステロールの吸収を抑えたりして、生活習慣病の予防になるというところで注目されている。
スイーツに使ったりすると、糖分が気になる場合に、その糖分の吸収をおさえてくれることによって安心して食べられると言える」と話していました。

世界三大健康野菜の人気は、家庭料理の世界にも浸透し始めています。

2019年12月、札幌中央区にオープンした「家庭料理のなごみ」。

提供しているこちらの赤いスープ、世界三大健康野菜のアピオスだけでなく、「食べる輸血」とも言われ、栄養豊富なことで知られるビーツが使われています。

そのほか、日替わりの小鉢にも健康野菜が。
ひじきと一緒に煮物となったアピオスは、癖はなく食べやすく、ゆでた落花生や栗のような食感です。

他にも、アピオス入りひじき煮のほか、キクイモが入ったポテトサラダ、キクイモの明太子炒めなどが用意されていました。

「北海道でいろいろ栄養のある食材がたくさんあるので、そういうものを使ってやりたいということで、独学でいろいろ勉強しました」と、家庭料理のなごみの廣瀬正之さんは話します。

体にうれしい世界三大健康野菜。皆さんも食生活に取り入れてみませんか?