大和など戦艦模型並ぶ 佐世保市立図書館

宇宙戦艦ヤマト模型、艦これフィギュアなども

©株式会社長崎新聞社

大和の模型などが並ぶ会場=佐世保市立図書館

 長崎県佐世保市立図書館(同市宮地町)で、戦艦大和が進水して80年を迎えたことを記念する展示会「模型で綴る芳井一夫氏の生涯」が開かれている。芳井氏は建造実務の最高責任者を務めた佐世保ゆかりの人物。8月7日まで。無料。
 「佐世保大和会」(梯剣司代表)主催。同会によると芳井氏は大阪府出身。佐世保市や広島県呉市などで軍人として造船に携わり、大和の建造主任を担当。終戦後は佐世保の前畑鉄工所(後の前畑造船)の社長を務め、戦後の佐世保復興に貢献した。
 会場には、大和をはじめ旧海軍の戦艦模型を多数陳列。宇宙戦艦ヤマトの模型や艦隊これくしょん(艦これ)のフィギュアなども展示している。訪れた同市神島町の江頭まゆみさん(46)は「大和の建造者と佐世保につながりがあると知って、より大和が身近に感じた」と感想を話した。
 梯代表は「芳井さんのご苦労を知ることで、平和に対する感謝の念を共に感じていただけたらうれしい」としている。