久喜の花火大会、31日に無観客で実施へ まつり中止も860発打ち上げ テレ玉が生中継、市の観光PRも

©株式会社埼玉新聞社

6月1日に打ち上げられたサプライズ花火=秩父市熊木町

 埼玉県の久喜市清久工業団地連絡協議会と市観光協会は31日、毎年開催している花火大会を無観客で行い、テレ玉で午後8時から生中継する。

 今年で31回目を迎える同工業団地の「納涼まつり」。新型コロナの感染拡大を防止するためまつりの開催中止を決定した。一方で協議会は観光協会と連携、毎年フィナーレを飾っていた打ち上げ花火を観客を入れずに実施。市の観光PRとともに、テレ玉で放送する。

 当日は約860発の打ち上げ花火を無観客で実施。午後8時から、45分間の特番「とどけ!希望の光」と題して、花火の生中継を放送。合間に市内観光や飲食店が実施するテイクアウトメニューをPRする。