【MLB】タイガース・アレキサンダーが9者連続奪三振のリーグタイ記録 秋山からも見逃しK

©株式会社Creative2

リーグタイ記録の9者連続奪三振を記録したタイガースのタイラー・アレキサンダー【写真:AP】

3回途中から救援して9者連続奪三振、救援では最多記録

■レッズ 4-3 タイガース(日本時間3日・デトロイト・ダブルヘッダー第1試合)

タイガースのタイラー・アレキサンダー投手が2日(日本時間3日)、本拠地のレッズ戦で3回から2番手として救援。3回から9者連続三振を奪い、12年のダグ・フィスター(タイガース)に並ぶア・リーグ記録をマークした。3回2/3で10奪三振1四球、無安打無失点だった。

3回途中から救援し、ムスタカスから奪三振ショー。5回1死では秋山翔吾からも見逃し三振を奪い、9者連続で三振を奪った。6回先頭でムスタカスに死球を与えて1970年にトム・シーバーが記録した10者連続三振のメジャー記録はならなかったが、救援投手としては最多記録だ。三振の内訳は空振り5、見逃し4。

26歳のアレキサンダーは19年にメジャーデビュー。昨季は13試合登板(8先発)し、1勝4敗、防御率4.86。今季は4試合登板し、1勝0敗、防御率1.17。

【動画】レッズ秋山を148キロで見逃し三振斬り! タイガース・アレキサンダーが9者連続奪三振を記録した実際映像

【動画】レッズ秋山を148キロで見逃し三振斬り! タイガース・アレキサンダーが9者連続奪三振を記録した実際映像 signature

(Full-Count編集部)