テレワークでやる気がでない原因とは

© 株式会社マイナビ

テレワークとは情報通信技術(ICT)を活用し、場所と時間に捉われずに柔軟に働くことを可能とする仕組みです。この柔軟な働き方を可能にするテレワークの注目度は高く、導入する企業も増えてきています。

また、テレワークを導入したことによるなどもよく聞くようになりました。そのデメリットのひとつに「仕事に集中することができずやる気がでない」という点があげられます。本稿では、なぜやる気がでないのかをまとめました。

やる気がでない理由1: 孤独感

テレワークを利用すると会社に出社して社員同士が顔をあわせて仕事をすることがなくなってしまいます。そのため1人で仕事に専念する状況が続きます。仕事に専念できることはメリットでもありますが、仲間と雑談して息抜きしたり、競い合って仕事をしたりすることができなくなるため、1人で仕事を続ける孤独感から仕事が思うように進まなくなるという人もいます。

やる気がでない理由2: 不規則な生活

テレワークでは仕事をする時間を自由に決められます。これは柔軟な働き方ができる半面、自分自身で仕事の管理ができないと、ダラダラと仕事をしてしまいます。その影響で就寝時間と起床時間が遅くなるなど、不規則な生活になりがちです。家にいる時間が増えて不規則な生活をすることで、体調に影響を与えてしまい、仕事に対してやる気が起こらなくなる原因となるケースもあります。

やる気がでない理由3: コミュニケーションの不足

テレワークではツールなどで仲間とコミュニケーションを取る機会もありますが、顔を合わせて会話をする場合と比べるとコミュニケーションは不足しがちです。そのためチームワークが乱れて、仕事をやりづらく感じることで、仕事に対するやる気がでない状態になる可能性があります。

やる気がでない理由4: 作業環境の悪さ

会社ではコストをかけて仕事をするために適した環境が整えられています。しかし、テレワークで在宅勤務をする場合は、自宅で仕事をすることになります。そのため、ネット環境が悪かったり、相談したいことがあってもすぐに上司と話すことができなかったりなど、作業効率の悪さを感じてしまうこともあります。思うように仕事が進まないと、イライラして仕事へのやる気がでないという人もいるでしょう。

やる気がでない理由5: 成果が評価に影響

テレワークでは従業員の仕事をする様子を確認できないので、仕事をした時間や内容を毎日報告するという会社もあります。また、テレワークに働き方が変わることで、評価方法が成果主義に変わることも多いです。そのため、テレワークに切り替わることで、仕事のやり方を変えなければいけないなど面倒に感じてしまうことが増え、やる気がでないという人もいるでしょう。

やる気がでない理由6: プライベートへの影響

テレワークで在宅勤務をする場合、自宅というプライベートな空間で仕事をすることになります。そのため、人によっては仕事とプライベートの切り分けがうまくできず、やる気がでないでダラダラと仕事をしてしまう恐れがあります。また、逆に自宅でいつでも仕事ができるため、つい仕事をしすぎてプライベートの時間を犠牲にしてしまうという人もいます。

やる気がでない理由7: 子ども

テレワークでは柔軟な働き方ができるため、育児や介護などで自宅から出られない人でも仕事ができます。しかし、仕事もできますが、育児や介護などに充てる時間も必要となります。そのため、仕事に集中する時間がなかなか確保できず、仕事ができる状態になったときにはすでに夜というケースもあります。疲れた状態で仕事をしなければいけないため、やる気がでない状態に陥る人も考えられます。

やる気がでない理由8: 職への不安

テレワークの注目度は2020年に新型コロナウイルスが流行したことで急速に高まりました。しかし、テレワークで対応をしているうちに「仕事がなくなるのではないか」とい不安感に苛まれる人も少なくないと言われています。テレワークでの案件を中心に受注してるフリーランサーも、「いつか仕事がなくなるのではないか」と将来に対して不安を感じてしまい、仕事に対するやる気が起きにくくなってしまうかもしれません。

テレワークでやる気がでない理由9: 集中力の低下

テレワークとして在宅勤務をする場合、自宅で仕事に集中することができます。しかし、中には育児や介護、将来への不安、作業環境の悪さなどから自宅では仕事に集中できなくなってしまうという人もいます。仕事に集中できない環境のまま、無理に仕事を続けてしまうことで、やる気がでない状態に陥ってしまう人もいます。

もしうまく仕事管理ができずに在宅勤務で不規則な生活をした場合、生産性や作業効率が落ちていくことは必至です。そうならないよう、適度に休憩を取ったり、仕事部屋を準備したり、綿密な仕事のスケジュールを立てたりするなどして、仕事とプライベートにメリハリをつける必要があると言えるでしょう。

だらけずにテレワークの仕事のあり方を見つめ直そう

テレワークに切り替えたことで、やる気がでないようになってしまったという人は一定数存在います。テレワークでは周囲に相談できる仲間が近くにいないため、やる気がでない状態をそのままにしておくと、いつまでもそのままとなってしまいかねません。テレワークでやる気がでないときはテレワークでの仕事の仕方を見つめ直し、原因を見つけて改善するように努めましょう。