リモートワークで気づいた「オフィスワークでムダに感じること」、1位は?

© 株式会社マイナビ

ビズヒッツは8月6日、リモートワークとオフィスワークの両方を経験した人を対象とした「オフィスワークのムダに関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2020年7月15~29日、有効回答は1,010人。

ムダだと思うこと、1位「通勤時間」

まず、リモートワークとオフィスワークどちらがいいか聞くと、「リモートワーク」が32.5%、「どちらかというとリモートワーク」が34.9%と、7割近い67.4%がリモートワークの方がいいと回答した。

オフィスワークでムダだと思うことは何か質問すると、1位は「通勤時間」(664人)で、6割近い数値に。回答者からは、「毎日往復3時間、なんて無駄な時間を過ごしているのだろうと思った。朝1時間も余裕があれば洗濯などができ、夕食も時間を使って用意できるので、コンビニやお惣菜に頼ることもなく経済的だった」(20代女性/事務職)といった声が寄せられた。

2位は「会議・朝礼」(456人)。「無駄に長い会議は省略しても成り立つことが証明された」(30代 男性/営業職)など、だらだらとした会議は「時間のムダ」といったコメントが多数みられたという。

3位は「雑談」(89人)。「会議や打ち合わせ中のダラダラ話している時間。ある程度の脱線や雑談は気分転換になるが、その分仕事が遅れる」(30代女性)といった意見が挙げられた。

以下、4位「紙の資料」(82人)、5位「ランチの時間がお金」(42人)、6位「ハンコ文化」(39人)、7位「飲み会」(34人)、8位「電話の取り次ぎ」(30人)、9位「オフィス」(29人)、10位「不必要な残業」(27人)と続いた。

一方、オフィスワークのメリットとしては、「コミュニケーションがスムーズに取れる」(657人)が断トツの首位。次いで2位「オン・オフの切り替えができる」(160人)、3位「仕事の環境が整っている」(153人)となった。