さいたま、前橋、福島など38℃、東京37℃度予想 広範囲で危険な暑さに 台風5号は次第に温帯低気圧へ

© 株式会社ウェザーマップ

 11日(火)は、東北から近畿、北陸などでは晴れて厳しい暑さとなる見込み。さいたま、前橋、福島では38℃予想、東京は37℃度を予想している。気温が上がる午後は急な雨や雷雨に注意したい。一方、台風5号は日本海できょう11日午後には温帯低気圧に変わり、北海道付近に進む見通しだ。

暑さと大雨

 日本の南に中心を持つ太平洋高気圧が本州付近を広く覆われている。11日は、東北から近畿、北陸は広く晴れて最高気温35℃以上の猛暑となる見込み。気温の上がる午後は大気の状態が不安定になり、午後は激しい雨に注意が必要となる。
 一方、台風5号から変わる低気圧が近づく北海道では宗谷を中心に11 日は台風から変わった温帯低気圧の接近・通過により、九州北部では暖かく湿った空気の流れ込みにより、総降水量が多くなる所がある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷や突風に注意が必要だ。また、ひょうが降るおそれもある。関東甲信地方では竜巻などの激しい突風に注意したい。
 12日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、九州北部・長崎で150ミリ、佐賀で120ミリ、北海道(日本海側北部)で120ミリとなっている。

 また、小笠原諸島近海には熱帯低気圧があって西進している。12日にかけて日本の南を西進し、小笠原諸島では11 日、強風やうねりを伴った高波、落雷や突風、短時間強雨に注意が必要だ。

台風5号は日本海を北上中 温帯低気圧へ

 台風5号は、11日午前3時現在、温帯低気圧の性質を帯びつつ日本海にあって北北東へ進んでいる。11日午後には温帯低気圧に変わり北海道付近に進み、11 日夜にかけて宗谷海峡付近を通過していく見通しだ。
 北海道では、11日にかけて前線や台風第5号から変わる低気圧の影響で断続的に雷を伴った激しい雨の降る所がある。 日本海側北部では、6日から7日の大雨により地盤の緩んでいる所や河川の増水している所があるため、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要となる。

厳しい暑さに さいたま、前橋、福島などでは38℃予想

 東北から西日本では真夏日となり、特に内陸では猛暑日となる所もある。さいたま、熊谷(埼玉)、福島、前橋では38℃予想、東京は37℃予想など、各地で危険な暑さとなるため、熱中症対策が欠かせない。 また、東北(青森、仙台など)でも今年初めての猛暑日となるところがある。

11日の予想最高気温(前日差)
札幌 32℃(+7℃)真夏並み
仙台 35℃(+2℃)真夏並み
東京 37℃(+2℃)真夏並み
名古屋 36℃(-1℃)真夏並み
大阪 36℃(-1℃)平年並み
福岡 30℃(-4℃)9月上旬並み
那覇 33℃(+1℃)平年並み

1都7県に「熱中症警戒アラート」

 気象庁は11日(火)明け方、1都7県に「熱中症警戒アラート」を発表した。熱中症警戒アラートの発表は、今年7月に運用が開始された。
 11日は東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨では熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予想される。外出はなるべく避け、室内をエアコン等で涼しい環境にして過ごすよう心がけたい。基本的に運動は行わないようにすると共に、身近な場所での暑さ指数を確認し、熱中症予防のための行動をとる必要がある。
 ※「熱中症警戒アラート」とは、熱中症の危険性が極めて高くなると予想される日の前日、または当日に発表される。令和2年夏(10月第4水曜日午前5時発表文まで)は、全国に先駆けて関東甲信で発表されるが、その結果の検証を実施した上で、来年(令和3年)夏に全国で本格実施される予定。
 熱中症警戒アラートは、暑さへの気づきを呼びかけるための情報であり、従来の高温注意情報を、熱中症の発生との相関が高い「暑さ指数(WBGT)」を用いた新たな情報に置き換え、暑さ指数(WBGT)が33を超える場合に発表される。暑さ指数は、気温だけでなく、湿度、日射・建物や地面からの照り返し(輻射)などの熱も取り入れた数値。

(気象予報士・崎濱綾子)