酒田市民を元気に…ドドーン

有志、盛大に花火打ち上げ

©株式会社山形新聞社

酒田市民有志がイベントを企画して打ち上げた花火=13日午後7時47分、酒田市・最上川河川公園

 酒田市民有志でつくる実行委員会(小野香織代表)が企画したイベント「酒田を元気にしたい花火!」が13日夜、同市の最上川左岸で開かれ、10号玉などの花火が夏の夜空を彩った。

 同市の恒例イベント「酒田花火ショー」が新型コロナウイルス感染拡大で中止となる中、市民を元気づけようと飲食店関係者や東北公益文科大生などが企画。10号玉21発に加え、花火の製造と打ち上げを担当した安藤煙火店(同市)がスターマインを提供した。同市の最上川河川公園には近隣住民が集まり、大輪の花が闇夜に咲くたびに歓声を上げていた。親子3人で訪れた同市平田保育園年長今井綾星(りようせい)ちゃん(6)は「今年初めての花火は楽しかった」と話していた。

 約250の企業・個人から協賛金を集めて費用を賄った。「3密」を避けて自宅で楽しんでもらおうと、酒田エフエム放送「ハーバーラジオ」も協力し、打ち上げ時間の午後7時半に合わせて特別番組を放送した。