安倍政権「専門性を生かせているかは疑問」 自民党前総裁・谷垣禎一さんが語る政治への思いとは

©株式会社京都新聞社

谷垣禎一さん。終始、柔和な表情だった(東京都世田谷区)

 ◇平成の始まりは冷戦の崩壊とほぼ時を同じくしています。国際情勢の変化は日本の政治にどのような影響を与えたのでしょうか。

 「私が防衛政務次官になったのは1990(平成2)年だが、その頃にちょうど湾岸戦争が始まった。湾岸戦争は米ソの管理の及ばないところで起きたという意味で、ベトナム戦争や朝鮮戦争など冷戦期の紛争とは形態が全く異なる戦争だった。こうした世界秩序を無視する行為に対し、防衛庁内でも相当な議論をし、(自衛隊が多国籍軍の後方支援に参加する)国連平和協力法案をまとめて国会に提出した」

 「しかし、当時の集団的自衛権の解釈は極めて厳格で、法案は通らなかった。そこで結局は90億ドルもの金を拠出することとなった。それでも金を出すだけでは国際的な評価は得られなかった。このような産みの苦しみがあって今日がある。平成はそうした模索の時代。当時の議論の積み重ねが、PKO法や集団的自衛権の解釈見直し、平和安全法制につながっている」

 ◇1994(平成6)年には「政治改革」として現在の小選挙区比例代表並立制が導入され、政治資金規正法も改正されました。

 「それまでは(複数が当選する)中選挙区だったので金がかかったことは事実だ。自民党同士が争ったのが理由という言い方もあるが、選挙区が広かったという事情もある。秘書や事務所も相当の数を抱えなきゃいけない。笑い話のようだが、当時は選挙区の全ての葬儀業者と契約していた人がいた。誰かが亡くなったと事務所に連絡があると、必ず花を出して線香を上げにいく。こんなことをやっていると金がかかるのは当たり前だ」

 「(政治とカネを巡る)いろんな不祥事もあったから、政党助成金を入れ、変な金を集めないようにとなった。(今の制度で)最初の選挙があった96(平成8)年には自民党の総務局長をしていた。今でいう選挙対策委員長だ。検察が『国民の血税が政党に入る。今までの選挙とは同じではない。厳しく対応する』という考えを持っていると思われたので、政党助成金の使用については厳格な内規を設けたが、初当選した議員がお盆に線香を配ったという理由で失脚した。それまでと画期的に変わったのに、今回の(河井克行)前法務大臣の件なんかはどうしたことかと思う」

 ◇制度が導入されて四半世紀たつが、二大政党制を定着させるという目的にはほど遠いのが現状です。

 「民主党に政権交代した衆院選で自民党はぼろ負けした。私は党総裁になったが、『ああ、10年は野党暮らしだな』と思った。しかし、良かったか悪かったかは別にして3年3カ月で与党に戻れた。結局、政権交代可能な二大政党をつくるという当初の目的は、必ずしも果たせていない。今の政党の勢力図を見ると、国民民主党はかつての民社党のような感じがするし、立憲民主党は社会党的なところがある。まるで中選挙区制の頃の勢力分布に逆戻りしたかのようだ」

 ◇米国の「大きな政府か小さな政府か」というような明確な対立軸がない日本に二大政党制はなじまないとの指摘もあります。

 「私なんかは財政緊縮派の塊みたいに見られていますが、米国の共和党に比べれば日本の保守の特徴は緊縮一辺倒ではなかった点にある。国民皆保険制度や国民皆年金がまさにそう。ある意味で、自民党が社会党の政策を取ってしまった」

 「がらっと変わったのは小泉純一郎政権からで、新自由主義的な政策が始まった。新型コロナウイルスの対応で保健所の職員が足りないと言われているが、これもその時の影響だ。日本がコロナ対応でうまくやれているのは、皆保険制度が整っているからだと思う」

 ◇安倍晋三首相の自民党総裁任期が来年9月に迫っています。長期にわたる安倍政権の評価はいかがですか。

 「安倍さんは1回目の内閣で失敗し、2回目に総理になるまで、自分がやりたいことを成し遂げるために官邸をどう動かせばいいかを相当考えた。彼なりに努力していると評価している。ただ、専門性を生かせているかは疑問だ。外交や財政、経済も含め、政治に専門家の知恵をどう生かしていくかという課題がある」

 ◇令和の時代に求められる政治のリーダー像があれば教えてください。

 「これは難しい質問だ。美しく言えば、民意をしっかりと吸い上げられるリーダーが求められているのではないか。一人一人の政治家はどのように自分を鍛え、特長を生かしていくかが問われてくる」

 たにがき・さだかず  1945年生まれ。東京大法卒。弁護士を経て、83年、衆院議員だった父専一氏の死去に伴う補選で初当選(旧京都2区)。財務相や自民党総裁を歴任。党幹事長だった2016年、趣味のサイクリング中に大けがを負い、17年に政界引退。

         ◇

 空前のコロナ禍に揺れる戦後75年目の夏。私たちの暮らしを左右する政治の重みを、あらためてかみしめる。「歴代最長」の記録を更新し、「一強」と呼ばれる安倍晋三政権はほころびが目立ち、ポスト安倍をにらんだ動きも出てきた。令和の政治に希望はあるか。京都、滋賀ゆかりの識者や政治家とともに平成の30年余の政治を振り返り、考える。