J1鹿島の内田、8月末で引退へ

元日本代表DF

©一般社団法人共同通信社

内田篤人

 サッカーのJ1鹿島は20日、元日本代表DF内田篤人(32)が現役を引退すると発表した。近年は故障に苦しみ、鹿島復帰3年目の今季はリーグ戦1試合、カップ戦1試合の出場にとどまっていた。契約を8月末で終了することになり、23日のホームでのG大阪戦後に引退のあいさつをする。

 静岡・清水東高から2006年に鹿島入り。スピードと技術、判断力を兼ね備えた右サイドバックとして1年目から活躍し、10年にドイツ1部リーグのシャルケに移籍した。10~11年の欧州チャンピオンズリーグ(CL)では日本選手初の4強入りに貢献。15年に右膝の手術を受けてからは出場機会が減った。

内田篤人