焼肉のシメにぴったり!鳥取のご当地グルメも「ベトコン化」する!

【日本!ご当地グルメ名古屋めし化計画】

©TVA

皆さんこんにちは、こんばんわ。作家兼名古屋めし料理家のSwind(スインド)です。

前回に引き続き、ベトコン化、やっていきましょー!

編集長 先ほど買い物に行かれていたようですが、次は何を名古屋めし化されるんですか?

 今回は焼肉のシメにぴったりな焼きそばのご当地グルメ、鳥取のホルモン入り焼きそばを名古屋めし化します。

その名の通りホルモンが入った焼きそばで、鳥取の焼肉屋さんでは定番メニューになっているそうです。

(提供 海悠さん/写真AC)

ホルモンはもちろんパワフル食材ですし、そこに名古屋のベトコンスタイルが合わさったら最強間違い無しですね。

にゃちこ おいしそー! 早く作ってー!

はいはい、では鉄板も良い感じに熱くなっていますので、早速調理スタートです!

ということで、ベトコンスタイルのホルモン焼きそば、略して「ベトホル焼きそば」の材料からご紹介です。

揚げにんにく、もやし、ニラは前回の「ベトコンバラ焼き」の流用ですね。それにホルモンと焼きそばがあれば出来てしまいます。

↓前回の記事はこちら

編集長 いかにも焼肉のシメって感じですね!

ですね。バーベキューでも鉄板があったら最後に楽しみたい一品です。

さて、今回は牛ホルモンの中でも脂が多めなマルチョウとも呼ばれる小腸の部位を用意。これを焼肉のタレ、味噌だれ、にんにく、一味唐辛子を合わせた特製ダレの中に漬けていきます。

にゃちこ やっぱり味噌なんだ……

というか、このタレの組み合わせは、名古屋めし「味噌とんちゃん」の定番パターンなんだよね。ホルモンを美味しく食べるなら、やっぱりこの味噌ダレがいいんです。

ということで、タレに漬け込んでおいたホルモンを鉄板の上に載せます。皮目を下にして焼き始めるのがポイントですね。

編集長 もう、このままつまみたくなりますね……!

めっちゃ分かります。分かりますが、ここはぐっと我慢してください。

ホルモンがある程度、焼けた頃合いを見計らって、空いているスペースで焼きそば麺を炒め始めます。

にゃちこ あれ? この焼きそば麺、茶色い??

よく気づいたねー。実はこの焼きそば麺、焼き物の里・瀬戸市の名物「瀬戸焼きそば」にも使われるせいろ蒸しの麺なんです。ここ最近、瀬戸出身の若き天才棋士・藤井聡太 二冠の快進撃にあやかって、今回はこの麺を使ってみました。もちろん普通の焼きそば麺でもOKです。

さて、焼きそば麺がある程度炒まってきたら、上にもやしとニラ、揚げにんにくを載せ、タレをかけ回します。お好みで追い一味唐辛子をかけてもいいでしょう。

編集長 んー、タレの焦げるこの香り……、たまらないですね!

最後に全体をよく混ぜながら炒め合わせたら、鳥取ミーツ名古屋な「ベトホル焼きそば」の完成です!

焼き上がったら火を弱め、お皿にとって召し上がって下さい。

にゃちこ ……んまっ!? これ、めっちゃうみゃーっ!!

プリプリなホルモンの脂の旨味とシャキシャキのもやしのハーモニーがすごいですね。じっくり火が入ってトロトロになって甘味が存分に引き出されたにんにくの甘味も素晴らしいです。

で、なんと言っても麺が美味い! タレやホルモンの旨味はもちろん、鉄板に残っていた肉の旨味まで全部のおいしいを吸い取って、絶品の美味しさになってます。これは箸が止まりませんね……。

ちょっと焦げ気味になって、パリパリした感じもまたいいですね!、ホルモンや揚げにんにくから出た油で麺が軽く上がって、パリパリになってるところがあるんですよね。これもまた鉄板焼きそばの醍醐味。あー、本当においしいです!

にゃちこ おかわりいっただっきまーす!!(ぷしゅっ

ビールのお代わりかーい! いや、でも気持ちはすごく分かります……。にゃちこー、こっちにも一本ちょうだーい!

編集長 これ、もうシメじゃないですよね。。。

まぁまぁ、堅いことは言いっこなしってことで。

もちろんおうちごはんとしてフライパンで作っても美味間違いなし! まだまだ暑い日が続きいていますが、パワフルな「ベトホル焼きそば」を食べて乗り切りましょー!

作ってみたレポート&感想はいつものようにTwitterにて募集しています。ハッシュタグ「 #名古屋めし化計画 」をつけての投稿、よろしくお願いします! 

■ベトホル焼きそば

・おいしさ:★★★★☆

・手軽さ:★★★★

・名古屋っぽさ:★★★★☆

・鳥取の人にコテでチャンチャンと刻まれる度:★★★★★★★★★★

<材料>(2人前)

・牛ホルモン(マルチョウ) 200g程度

・揚げにんにく 1株分程度

・もやし 200~300g程度

・にら(食べやすい大きさに刻んだもの) 半把程度

・焼きそば麺 適量

○焼肉のタレ 大さじ4程度

○味噌ダレ 大さじ1.5程度

○チューブ入りにんにく 小さじ半分~1程度

○一味唐辛子 お好みで調整

<作り方>

1.あらかじめ牛ホルモンを○のタレに漬け込む

2.タレに漬けた牛ホルモンを、皮目から鉄板で焼く。

3.牛ホルモンの皮目にしっかり焼き目がついて七分ほど火が入ったらひっくり返す。

4.牛ホルモンを鉄板の隅に寄せ、空いたスペースに焼きそば麺を広げる。
(油が足りなかったらにんにくを揚げた油を鉄板に広げる)

5.しばらくじっと麺を焼き、少しパリッとなってきたところでいったん全体を混ぜ合わせる。

6. 再び焼きそば麺を広げ、上にもやし、ニラ、揚げニンニクを載せる。

7. もやしに軽く火が入ったら全体にタレをかけ回し、お好みで一味唐辛子をかける。

8.鉄板の隅で焼いておいた牛ホルモンを麺、野菜を混ぜ合わせ、しっかりと炒める。

9.もやしに火が入ったら出来上がり。

【筆者プロフィール】

Swind(スインド)

作家兼名古屋めし専門料理研究家。名古屋と名古屋めしを題材とした小説、漫画原作、コラム、レシピ等の執筆活動を行っている。これまでに考案した名古屋めしのレシピは100本以上。最近ではyoutubeにも活動の幅を広げている。

★2020年7月17日には新刊書き下ろし小説「屋上屋台しのぶ亭 ~ 秘密という名のスパイスを添えて~」を刊行。

詳細:https://twitter.com/swind_prv/status/1278948174535651328

Twitter: https://twitter.com/swind_prv/

YouTube:  https://www.youtube.com/c/swind758/