ジョン・レノン、イメージ映像集『イマジン』が日本初劇場公開決定

© ユニバーサル ミュージック合同会社

ジョンレノンとヨーコ・オノが監督、出演し1972年に制作した歴史的名盤「イマジン」のイメージ映像集が、劇場上映版『イマジン』として、ジョン・レノンの80回目の誕生日である2020年10月9日よりTOHOシネマズ日比谷他、全国順次公開が決定した。この作品が日本の劇場で公開されるのは今回が初となる。また、前日の10月8日にはドルビーアトモス限定上映による“前夜祭”も発表となった。(以下は2018年海外公開時の予告編)

今作品『イマジン』は、洋楽ファン、ロックファンならば、誰もが知っている歴史的名盤『Imagine』(1971年)の収録曲を映画的にコラージュした映像集で、1972年にジョンとヨーコが監督と制作を担当。アルバム収録曲それぞれに映像を作るという、初のビデオ・アルバムとしても有名な作品で2018年にイギリス・アメリカで劇場公開もされている。

劇場上映版『イマジン』は、ドルビーアトモスサウンドで楽しめる他、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、ニッキ―・ホプキンス、ビートルズのアルバム・ジャケット・デザインで知られるクラウス・フォアマン、アラン・ホワイト(イエス)、アンディ・ウォーホール、フレッド・アステア、そしてアルバムの共同プロデューサーであるフィル・スペクターらとのスタジオパフォーマンス、さらに、ジョン&ヨーコによる1969年バハマのホテルでのベッド・インの際に撮影された「Oh Yoko!」の初期バージョンの映像等、約15分の特別映像が含まれている。

また、映像はオリジナル作品の16mmネガ・フィルムから手作業でフレーム事にクリーニングし復元。サウンドは、3度のグラミー賞受賞をしビートルズのカタログ作品のリマスタリングで手腕を振るったポール・ヒックスが、7.1/5.1サラウンド、そしてドルビーアトモスにリミックスを施した。ドルビーアトモスサウンドで体験、そして特別映像を観ることができるのは、劇場でのみとなる。

____

【劇場上映版『イマジン』公開情報】

10月8日(木)ドルビーアトモス限定上映 前夜祭
TOHOシネマズ(日比谷、六本木、日本橋、ららぽーと富士見、ららぽーと船橋、梅田、赤池)

10月9日(金)より 生誕80周年記念上映
TOHOシネマズ日比谷他 全国順次公開

この記事はいかがでしたか?