【新型コロナ】タイトル不快、制作費高額… 質問相次ぐ 神奈川県のユーチューバーコラボ動画

© 株式会社神奈川新聞社

黒岩祐治知事

 新型コロナウイルス対策として事業者に協力を求めている「感染防止対策取組書」の普及を図ろうと、神奈川県は26日、人気ユーチューバーを起用した動画を作成し、県のウェブサイト「かなチャンTV」で配信を始めた。同日開かれた黒岩祐治知事の定例会見では記者側から「制作費が高すぎないか」「タイトルに不快感を持つ人がいるのでは」などといった質問が相次いだ。

 動画のタイトルは「神奈川県で彼女?1万円企画して色々満喫してきた」。登録者数97万人を抱えるユーチューバー「カノックスター」らが取組書が掲示されている横浜中華街(横浜市中区)の飲食店を食べ歩きながら、感染防止の取り組みを紹介する内容。動画は約14分で、制作費は880万円という。

 会見で動画の一部をお披露目した黒岩知事は「一味違ったノリで目が離せなくなる面白さがあり、相当な波及効果があると期待している」と太鼓判。「女性が不快感を持つようなタイトルでは」との質問が出されると「どうして不快感を覚えるのか。私にはその感性は分からない」と気色ばんで反論する場面も。「制作費が高額ではないか」という問いには「費用対効果をしっかり見ていく」と応じたが、目標再生回数などの具体的な数値は示さなかった。