長谷川博己「お待たせしました」『麒麟がくる』再開メッセージにファン歓喜

©株式会社マイナビ

俳優の長谷川博己が主演を務めるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜20:00~)の放送が、きょう30日より再開される。同日、番組公式ツイッターで長谷川のコメント動画が公開され、ファンから歓喜の声が上がっている。

本作は、新型コロナウイルスの影響で6月7日放送の第21回「決戦!桶狭間」をもって放送を休止していたが、30日放送の第22回「京よりの使者」で約3カ月ぶりに再開となる。

主人公・明智光秀を演じている長谷川は、コメント動画で「お待たせいたしました。『麒麟がくる』まもなく放送です。明智光秀のミステリーの顛末を、どうか見届けていただければと思います。お楽しみに!」とメッセージを送った。

この動画に、「長谷川博己さま!!直々にお待たせしましたって言われちゃった!!ついにこの日が!!!!!」「感無量」「待ってましたー!!!」「100万回でもいいねイイねしたいです!」「放送を今から胸が高まっています」「やっと麒麟が来る~!」「絶対見届けます!! 長谷川明智様、頑張って下さい!!」「今夜、楽しみにしています!」「待ってました!!! 頼むぞ光秀」など、ファンからさまざまなコメントが寄せられている。

なお、第22回「京よりの使者」は、信長(染谷将太)が今川義元を討ち果たした桶狭間の戦いから4年。京では三好長慶(山路和弘)が権力を掌握し、将軍・足利義輝(向井理)は完全な傀儡に成り下がっていた。すっかりやる気を失い別人のようになった義輝の話し相手として、藤孝(眞島秀和)らの画策で京に呼ばれた光秀(長谷川博己)は、将軍の力を取り戻すため、いま勢いに乗る信長を上洛させてみせると約束する……といった展開が描かれる。

(C)NHK