パブリック・エネミーが20年以上ぶりにデフ・ジャムからアルバムをリリースすると発表

© ユニバーサルミュージック合同会社

YouTube:PUBLIC ENEMY - State Of The Union (STFU) featuring DJ PREMIER | OFFICIAL VIDEO

33年前にデビューアルバム「Yo! Bum Rush the Show」をリリースしたPublic Enemy(パブリック・エネミー)。デビュー当時からメッセージ性の強い楽曲を多くリリースしてきた彼らは、その後のアーティストたちにも強い影響を与え、ヒップホップという音楽ジャンルのメッセージ性をより社会的なものとした。  

【関連記事】【入門】パブリック・エネミーのオススメ曲10選  

最近ではBET AWARDSにて、Nasやラプソディーなどのラッパーがゲスト参加した「Fight The Power」のリミックスを披露していた。なんとこちらのリミックスは次作の「What You Gonna Do When the Grid Goes Down?」に収録されるようだ。新アルバムはDef Jamからリリースされるとも公開されている。  

チャック・Dは「このような文化的機関は重要だ。そしてその一部となることを誇りに思っている。パブリック・エネミーの曲は時代を象徴しているし、古巣に戻り、またサウンドを復活させる必要がある。Fight The Power 2020」と声明を出している。  

アルバム「What You Gonna Do When the Grid Goes Down?」は9月25日にリリースされるため、こちらでプレオーダーできる。

YouTube:Public Enemy Is Joined By Nas, Black Thought & More For Rendition of Fight The Power | BET Awards 20

この記事はいかがでしたか?