パブリック・エネミーの代表曲「Fight The Power」にNas、Rapsodyらが参加したリミックスがリリース

©ユニバーサル ミュージック合同会社

ヒップホップ・グループ、パブリック・エネミーが最新シングル「Fight The Power: Remix 2020」をリリース。

この曲は、スパイク・リー監督の映画『Do The Right Thing』のテーマ曲でもあった彼らの代表曲のひとつ「Fight the Power」の2020年リミックス版。Nas、Rapsody、Black Thought、YG、Jahi、Questloveがゲスト参加している。

また、同曲を含む新アルバム『What You Gonna Do When The Grid Goes Down?』が古巣「Def Jam」から9月25日にリリースされることも発表された。(国内盤CDは10月23日発売)

アルバムについて、メンバーのチャックDは「パブリック・エネミーの歌は”時に永遠の印”を残した。そして今、ホームと呼ばれる場所から再びノイズを出し始める必要がある。Def Jam、Fight The Power 2020」とコメント。

photo by Eltan Miskevich

パブリック・エネミーは、DJプレミアがプロデュースした楽曲「State of the Union (STFU)」を夏のはじめにリリース。トランプ政権批判に触れた内容となっている。

■商品情報

パブリック・エネミー

シングル「Fight The Power: Remix 2020 feat. Nas, Rapsody, Black Thought, Jahi, YG, Questlove」

試聴・購入などはこちら 

アルバム『What You Gonna Do When The Grid Goes Down?』

(9月25日:デジタル・リリース/  10月23日:国内盤CD発売) 

予約はこちら