【開店】cafe&gin monoが辻堂に2020年9月2日オープン!こだわりのコーヒーとジンが楽しめるカフェ!

©株式会社自給人

ジョニー

辻堂にこだわりのコーヒーとジンが飲めるカフェがオープンしたジョ!?

カフェなのに、ジンが150種類以上もある。
コーヒーとクラフトジンという一風変わったカフェが、辻堂に9月2日にオープンしました!

店主の吉田さんは、『Shonan Brewers Cup』という大会でも優勝している生粋のバリスタで、美味しいコーヒーとクラフトジンが楽しめます。

今回は、そんなcafe&gin monoを紹介していきます。

目次

cafe&gin mono(カフェ&ジン モノ)とは?

cafe&gin monoは、2020年9月2日に辻堂にオープンしたカフェ。特に、コーヒーとお酒のジンに力を入れている面白いお店です。
湘南工科大学の近くの大通りに面しており、以前は『シオサン食堂』というお弁当屋さんがあった場所です。

吉田さんご夫婦が一緒に経営しており、吉田匡さん11年間バリスタとして活動している生粋のバリスタ!

ずっとバリスタとして活動していただけあって、コーヒーにかなりのこだわりがあるそう。
そんなバリスタの吉田さんですが、コーヒーの他にも勉強したい気持ちがあったそうで、そこで出会ったのがジンでした。

あるバーで、『世界で一番美味しいジン』として出されたジンを飲んだら、あまりにも香りが良くてそこでジンにもハマったとのこと。

クラフトジンは、ビールなどのお酒以上に作り手が味を自由に決められるそうで、作り手のこだわりが物凄く出るんだそうです。
cafe&gin monoでは、そんなクラフトジンがなんと150種類以上も飲めるんです。

ジンの種類が多すぎて、もはやコレクションの域(笑)
酒屋さんに行ってもこれほど多くのジンは置いてないそうで、cafe&gin monoに来れば、世界中のジンが楽しめます。

店内は木製と青が基調となっていて、とっても綺麗。
お昼はカフェ、夜はバーのような雰囲気です。

奥には、コンセントもあったのでちょっとした休憩にも良いかも。

空いてる時間帯なら、店主の吉田さんとも気さくに話したりできるので、コーヒーやジンが好きな人はお話に花が咲きますよ♪

cafe&gin monoのメニュー

主なメニュー一覧- ドリップコーヒー・・・400円

  • エスプレッソ・・・400円
  • カフェラテ・・・500円
  • mono特製レモネード・・・500円
  • クラフトジン・・・900円~など

まずドリンクメニューは、コーヒー以外にもレモネードやコーラも自家製!
今回は、カフェラテと気になったレモネード(ソーダ)を頂きました!

mono特製レモネードは、レモンの香りと爽やかな酸味があってとっても美味しい!!
暑い夏にピッタリの飲み物ですね♪

monoにはスイーツもあります!

プリンがおすすめとのことだったので、プリンもオーダー!

プリンが2層になっていてとっても美味しそう!!

『固めプリン』というネーミングですが、固いというより弾力があるプリンでした♪
プリンよりもチーズケーキに近いかな…??
甘すぎずサッパリと食べられました!

美味しいドリンクにスイーツはちょうど良いですね♪

食事メニューは、パニーニと日替わりでお米メニューがあります。

コーヒーとジンは吉田さんが専門ですが、奥様は元々フードコーディネーターをしてたそうで、フードメニューは奥様が担当。

ジョニー

相性抜群の夫婦で羨ましいジョ…♥

クラフトジンは、一応店内にあるジンが一覧にされていますが、あまりにも多すぎて素人には全く分かりません(笑)

ジン好きなら大興奮のコレクションでしょうね(笑)

もしまだジンをあまり飲んだことなかったら、吉田さんと一緒に好みのジンを探せるかも。

営業時間・アクセス・駐車場情報

住所藤沢市辻堂5-20-19電話番号0466-47-6251アクセス辻堂駅から徒歩約15分営業時間10:00 -22:00定休日水曜予算~1,000円公式HP

まとめ

コーヒーとジンにこだわりを持つ、一風変わったカフェ。
今後は、誰でも気軽に焙煎ができる、シェア焙煎のサービスも始めるそうです。

吉田さんは、将来はオリジナルジンを作りたいそうです。
ジンマニアの吉田さんのジン、どんな味が楽しめるのか楽しみ♪

こだわりのコーヒーとジンを飲んでみたい方は、ぜひ行ってみてくださいね。