香取慎吾「とてもうれしい」『誰かが、見ている』全世界同時配信決定

© 株式会社マイナビ

三谷幸喜脚本・監督×香取慎吾主演によるAmazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』(9月18日配信開始)が、全世界同時配信されることが決定。あわせて、ユーモアと笑いにあふれる本予告映像とメインビジュアルが公開された。

本作は、何をやってもドジばかりで予想もしない失敗を繰り返す主人公・舎人真一(香取)と、書斎の壁に偶然発見した“穴”から、そんな真一の生活をのぞき見するのをひそかな楽しみとしている隣人・粕谷次郎(佐藤二朗)を中心に巻き起こるドタバタを描いた“シットコム”(シチュエーションコメディの略)。三谷氏の演出による思いがけない仕掛けの数々と、香取のユーモラスな演技により、全く新しい形のライブ感あふれる新感覚エンターテイメントが誕生する。

本作が配信されるのは、世界240以上の国と地域。主演の香取は、全世界同時配信について「『誰かが、見ている』は、すごく面白いので1人でも多くの人に見てほしいと強く思っている作品です。世界中の人々にこの作品を観てもらえることがとてもうれしいです」と喜び、「香取慎吾ではなくて、“舎人真一”というキャラクターを愛してくれるファンが世界にあふれたらたらいいなと思います」と期待感をあらわにしている。

全世界同時配信を記念して、9月12日には全世界同時YouTube Live試写会を開催予定。YouTubeとTwitter Live上にて、出演者と一緒に本編の1話と2話を先行して視聴できる。オンライン試写会に参加する出演者の発表などの詳細は、後日『誰かが、見ている』公式SNSで発表される。

(c)2020 Amazon Content Services LLC