映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』サントラ発売決定、ビリー・アイリッシュによる主題歌も収録

© ユニバーサル ミュージック合同会社

日本では2020年11月20日に公開される映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のオリジナル・サウンドトラックが11月13日にリリースされることが決定し、ジャケット写真が公開された。シリーズ25作目となる今回のサウンドトラックには、ハンス・ジマーによるスコアに加えてビリー・アイリッシュによる主題歌「No Time to Die」が収録されることも発表された。

新型コロナ蔓延前、当初4月公開予定だった映画公開にあわせて今年2月に公開された同曲は英国シングルチャート1位を記録し、ブリット・アワードではハンス・ジマーとの素晴らしいパフォーマンスも記憶に新しいところだ。現在18歳のビリーは、ボンド映画に主題歌を提供したアーティストとして、マドンナやアデル、サム・スミスなど錚々たる面子と共に名を連ねることになる。

「007」シリーズのプロデューサーであるマイケル・G.ウィルソンとバーバラ・ブロッコリは下記のようにコメントしている。

「今回作曲を担当したハンス・ジマーと彼のチームは、素晴らしいスコアを映画に届けてくれました。ボンドシリーズの中でもベストの一つである今回のサウンドトラックに、この伝説的な作曲家と取り組めたことをとても光栄に思います。また、節目の25作目となる本作の主題歌として、ビリー・アイリッシュと兄のフィニアスもパワフルで感動的な曲をつくりあげてくれました」

今回ハンス・ジマーと共に作曲に携わったジョニー・マーはギタリストとしても本作に参加しており、またスティーヴ・マッツアーロも作曲で参加している。ザ・スミス結成以降ジョニー・マーはセッション・ミュージシャンやソロ・アーティストとしての地位も築き上げてきたが、ハンス・ジマーとは長年にわたりコラボレーションを続けてきた。また、ロサンゼルス在住のスティーヴ・マッツアーロも2019年の『ライオン・キング』をジマーと共に担当していた。

今作の監督を務めるキャリー・ジョージ・フクナガは音楽についてこうコメントしている。

「ハンスが今回のサウンドトラックを手掛けてくれてとても興奮しています。ジェームズ・ボンドの音楽はいつも印象的なものでしたし、ハンスの天才的なスコアは既にボンドの歴史の中に刻まれているのです」

またシリーズ25作目の公開を記念し、同じくアルバム『BOND 25』がリリースされることも発表された。これは約60年にわたるシリーズ25作の主題歌をロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラの演奏により新たにアレンジしたコンセプト・アルバムで、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオでレコーディングされた。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で主演を務めるダニエル・クレイグは、これが自身5作目となるジェームズ・ボンドとしての出演となる。

______

映画公開情報:『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

2020年11月20日全国公開
配給:東宝東和