ジャニーズ事務所が役員人事を発表…メリー氏が代表取締役を退任

© 株式会社ドットレンド

ジャニーズ事務所が公式サイトを更新し、9月4日付の役員人事を発表。これまで代表取締役会長だった藤島メリー泰子氏が代表取締役を退任し、名誉会長となることが明らかになった。

ジャニーズ事務所はジャニー喜多川氏が昨年7月に死去したことに伴い、昨年9月27日に役員人事を刷新。ジャニー喜多川氏の姉の藤島メリー泰子氏が代表取締役会長に、ジャニー喜多川氏の姪の藤島ジュリー景子氏が代表取締役社長に、2018年末で芸能界を引退した滝沢秀明氏が副社長に就任していた。

今回の役員人事で藤島メリー泰子氏が代表取締役を退任したことから、ジャニーズ事務所は代表取締役2名体制から1名体制に移行することとなった。代表取締役社長は引き続き藤島ジュリー景子氏が務める。