【MLB】ダルビッシュ、日本人初7戦7勝でメジャー単独トップ7勝目 防御率1.44&63Kでリーグ3冠に

© 株式会社Creative2

本拠地でのカージナルス戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

7回1安打1失点の圧巻投球、今季最多タイ11Kで2桁奪三振は今季3度目&通算43度目

■カブス 4-1 カージナルス(日本時間5日・シカゴ)

カブスのダルビッシュ有投手は4日(日本時間5日)、メジャートップの7勝目を挙げた。本拠地のカージナルス戦で先発して7回1安打1失点と圧巻の投球を披露。7試合連続のクオリティスタートで、今季最多タイ11三振を奪った。今季初登板で黒星を喫したが、その後は7戦7勝で日本人投手初の快挙を達成。リーグトップの防御率1.44(メジャー2位)、63奪三振(メジャー3位タイ)となり、リーグ投手タイトル3冠に立った。最速は96.7マイル(約155.6キロ)。チームは2位・カージナルスとの直接対決を4-1で勝利し、地区首位を守った。

初回から圧巻の投球を見せた。5回は3者連続三振に抑える力投で5回まで完全投球。6回先頭・カーペンターに右中間ソロを浴びてパーフェクトは途絶えたが、7回は主軸のゴールドシュミット、ミラーから2者連続三振を奪った。7回101球(ストライク69球)を投げ、無四球、1安打1失点。2試合ぶり2桁となる11三振を奪った。2桁奪三振は今季3度目で通算43度目。

ダルビッシュは今季8試合に先発して、7勝1敗、防御率1.44。63奪三振となった。2日(同3日)には8月(7月を含む)のナ・リーグ月間最優秀投手を初受賞。日本人初のサイ・ヤング賞へ前進する7勝目となった。(Full-Count編集部)