牛につかまり一命取り留め

貨物船遭難、救助の男性

©一般社団法人共同通信社

4日、鹿児島県の小宝島沖で救命いかだから助けを求める、貨物船「ガルフ ライブストック1」乗組員のフィリピン人男性(第10管区海上保安本部提供)

 高波で船から投げ出された後、流された積み荷の牛に必死でつかまり、いかだによじ登って救助を待った―。鹿児島県・奄美大島西の東シナ海でパナマ船籍の貨物船が2日に遭難した事故で、救助されたフィリピン人の甲板員の男性(30)が、こう説明していることが8日、第10管区海上保安本部(鹿児島)への取材で分かった。

 10管は台風10号の影響で中断していた捜索活動を7日再開。乗組員43人のうち、行方が分からない40人を捜している。