県内妊婦に無料PCR検査 来年3月まで、里帰り出産も対象

© 株式会社北日本新聞社

 富山県と富山市は18日から、県内で出産を控える妊婦が希望すれば、新型コロナウイルスのPCR検査を無料で受けられるようにした。感染への不安を解消するのが目的で、来年3月31日までに検査した人が対象。県外での検査時に自己負担した場合は、2万円まで払い戻しに応じる。

 住民票の有無にかかわらず、里帰り出産をする人も対象になる。かかりつけの産婦人科医で申し出、発熱など感染を疑う症状がなければ分娩予定日からおおむね2週間以内に検査する。

 陽性となったり、新型コロナに関連して育児や健康面に不安を感じたりしている妊産婦には、助産師や保健師らの支援を受けることができる。事業には全額国費が充当される。

 問い合わせは、富山市在住者は市こども健康課、電話076(443)2248。富山市外在住者は県健康課、電話076(444)3226。

 日本産婦人科医会(東京)は、感染した妊婦は妊娠後期に重症化しやすく、予防に特に気を配る必要があると提言している。