東証続落、155円安

トランプ氏コロナ感染で不透明感

©一般社団法人共同通信社

東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。トランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染し、追加の経済対策や大統領選への不透明感が広がった。

 終値は売買停止前の9月30日比155円22銭安の2万3029円90銭。東証株価指数(TOPIX)は16.27ポイント安の1609.22。出来高は約14億8464万株だった。

この記事はいかがでしたか?