松岡茉優、三浦春馬の遺作ドラマ最終回で心境を明かし労いの声が続出

©メディアシンク株式会社

Photo by BrianMcguffog(写真はイメージです)
Photo by BrianMcguffog(写真はイメージです)

女優の松岡茉優(25)が6日、自身のインスタグラムを更新した。

松岡はこの日、最終回を迎えたドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の放送前に「「本日22時『おカネの切れ目が恋のはじまり』最終話です。ドラマは今日でおわりますが2人の物語はこれからもきっとあり続けるのだと思います。2人の今日はどんなかな?って私もたまに考えます。」とつづり、告知をした。

この投稿にインスタグラム上では「最後までドラマを作ってくれてありがとう」「本当にお疲れ様でした。そして心から、ありがとうございます」「最初からとても面白くて、毎回楽しみにしてました」といった声が多く寄せられていた。

また、ネット上でも「想像を絶する辛さだったと思います」「松岡さんお疲れさま。春馬君を届けてくれてありがとう」「松岡さん、ありがとうございます。春馬さんも感謝してると思います」といった声が。

同作は松岡の相手役をつとめる俳優・三浦春馬(享年30)の遺作となり、撮影の最中突然の訃報に松岡や共演者、スタッフに衝撃が走った。そんな悲しみを胸に最終話まで撮影を行った松岡に多くの人が労いの言葉を寄せていた。