オーテックブルーが光る特別な1台! エクストレイル「オーテック」が一部仕様向上

©株式会社MOTA

2020年10月7日オーテックジャパンは、日産 エクストレイルをベースとしたカスタムカー「AUTECH」、「エクストリーマーX」、および、ライフケアビークル(LV)「助手席スライドアップシート」を一部仕様向上し、日産の販売会社を通じて同年11月5日より全国一斉に発売すると発表した。価格は、337万4000円~412万5000円。

日産 エクストレイル AUTECH(2020年10月一部仕様向上モデル)

オーテックの世界観をプラスしエクストレイルの魅力をアップ

今回の仕様向上では、「AUTECH」、「エクストリーマーX」、「助手席スライドアップシート」においてもベース車と同様に、外装色の変更のほか、運転席、助手席のパワーシートや「エクストロニック マニュアルモード付 CVT」の標準装備化など、内外装の質感や操作性が向上した。

AUTECHブランドのクラフトマンシップや独自の世界観をエクストレイルにプラスすることで、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングを持つ1台に仕上げている。

自分好みのカスタマイズもできる「AUTECH」

AUTECH(オーテック)は、「エクストロニック マニュアルモード付 CVT」の標準装備化にあわせ、「AUTECH」ブランドのアイコニックカラーであるブルーのステッチを施したシフトブーツを新たに採用。

また、好みに合わせてインテリアコーディネートが選択できる「AUTECH PREMIUM PERSONALIZATION PROGRAM(オーテックプレミアムパーソナライゼーションプログラム)」も継続設定した。本プログラムでは、本革シートカラーをストーンホワイト、タンの2色から、ステアリングをストーンホワイト、タン、ブラックの3色から選択することができ、さらに、ステアリングステッチの縫製パターンを3種類から選ぶことができる。

精悍さをプラスした「エクストリーマーX」

エクストリーマーXは、専用の漆黒フロントグリルを採用したほか、ボディ下部のパーツやアウトサイドドアハンドルを、アルミホイールと同様のグロスブラックとし、さらに精悍なスタイルに仕上げている。

やさしさをプラスする「助手席スライドアップシート」

エクストレイル「助手席スライドアップシート」は、助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる車両。シート回転・昇降操作に加え、シートスライドとシートリクライニングの操作なども可能とした多機能リモコンを標準装備し、利便性を高めている。

グレードと価格

■AUTECH i Package

2WD 2列シート:358万4900円

2WD 3列シート:368万600円

4WD 2列シート:367万9500円

4WD 3列シート:377万5200円

■AUTECH HYBRID i Package(2列シートのみ)

2WD:391万4900円

4WD:412万5000円

■エクストリーマーX(4WD)

20Xi Vセレクション (2列シート):341万1100円

20Xi Vセレクション (3列シート):348万4800円

20Xi HYBRID(2列シート):381万2600円

■助手席スライドアップシート

ガソリン(2WD):337万4000円

ガソリン(4WD):346万円

ハイブリッド(2WD):360万4000円

ハイブリッド(4WD):379万5000円

※価格は、いずれも消費税込み。

※助手席スライドアップシートは、車両(オプションを含む)の消費税が非課税。