ケンドリック・ラマー、「good kid, m.A.A.d City」の続編を制作しない理由を明かす

© ユニバーサルミュージック合同会社

YouTube:Kendrick Lamar - Bitch, Don't Kill My Vibe (Explicit)

SNSに現れることは珍しく、インタビューの出演などもあまり多くはないことで知られるKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)。そんな彼が、従兄弟であるBaby Keemと共にi-Dのカバーストーリーに登場した。  

関連記事: 社会の実情を示すストーリーを描いたラップ曲5選。2Pac、ケンドリック、XXXTentacionなど。

Instagram 投稿より

ピュリツァー賞も受賞した2017年の大ヒットアルバム「DAMN.」以来、ファンはケンドリックの新たな作品を待ちわびており、最近も彼がミュージックビデオの撮影をしている様子が話題になっていた。今後の作品のサウンドについて、彼は以下のように語っている。

 「新しいサウンドをどのように制作するか考えるためだけに一年間をかけた。同じことを何度も繰り返すことはできないからね。自分自身をワクワクさせるような何かが必要なんだ。」

 またケンドリックのアルバム「good kid, m.A.A.d City」の続編を期待しているリスナーも多いようで、彼はそのことについても話している。  

「good kid, m.A.A.d Cityのジンクスを覚えてるよ。あれはあの瞬間だけのものだったんだ。人生において、今とは違う瞬間だった。俺はgood kid, m.A.A.d Cityの続編を作れないと、俺はもうわかっていた。続編を作ってもダサいし、つまらないだろう。オリジナル版のフィーリングを薄めてしまう。あの作品には、そこだけの世界で生きていてほしいんだ。そこでTo Pimp A Butterflyを世に出した。あれは一部の人は死ぬまで好きだが、一部の人は嫌いなアルバムだ。」

 インタビューの全文はこちらからチェック。