マクセル、低濃度オゾン除菌消臭器による新型コロナの不活化を確認

© 株式会社マイナビ

マクセルは10月27日、同社製オゾン除菌消臭器「オゾネオエアロ(MXAP-AE270)」で生成した低濃度オゾンに、新型コロナウイルス(SRAS-CoV-2)に対する不活化効果を確認したと発表した。

同成果は、同社と奈良県立医科大学 微生物感染症学講座の矢野寿一 教授、同 中野竜一 准教授らの共同研究によるもの。

今回の研究は、日本産業衛生学会が定めるオゾン許容濃度以下である0.05ppmの空間オゾン濃度において、新型コロナの不活化する効果を確認したもの。具体的には、バイオセーフティレベル3(BSL3)の実験施設内において、密閉したアクリルボックス(外形520mm×400mm×340mm、板厚8mm、容積約62L)内に同機器を設置し、内部の濃度を0.05ppmとなるように制御した環境(温度23±5℃、湿度60±5%)で、オゾンに新型コロナを暴露。5.25×10PFU/mlのウイルス量が、12時間後には検出限界値以下の1.00×10PFU/ml以下(ウイルス減少率99.9%以上)となることが確認されたという。

今回の結果について研究チームでは、同機器の実使用環境において効果を発揮するかどうかは別であるとしているほか、浮遊するウイルスへの効果確認は行なっていないこと、ならびに今回用いたオゾン除菌消臭器と同じ機構のオゾナイザーは、業務用オゾン除菌消臭器にも搭載されているものの、そちらについての新型コロナに対する効果は確認していないともしている。

なお、オゾンによる新型コロナに対する効果は、先行研究として高濃度(6.0ppmおよび1.0ppm)での不活化効果が報告されているほか、湿度約80%の環境下における低濃度(0.05ppm)での効果などが報告されているが、今回の成果は、より一般の生活環境に近い温度と湿度での効果を確認するものであり、今後、有人環境で利用可能な低濃度でも広く一般公衆衛生用途において充分に活用できる可能性が示されたとマクセルではコメントしている。