「HOKA ONE ONE」独自ヒール形状の防水ハイキングブーツ「TenNine Hike GTX」登場

© 株式会社A_design tokyo

HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)は、独自のHubble(R)ヒール形状を備え、持続可能な環境に優しい素材を使用したハイキングブーツ「TenNine Hike GTX(テンナイン ハイク GTX)」を11月6日より新発売することを発表しました。

ヒール部分が出ている独特な形状はクッション性と推進性に優れたシューズとなっており、登山やハイキングなどのアウトドアシーンに幅広く対応する商品です。

「HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)」独自のヒール形状のハイキングブーツ登場!

独自のテクノロジーによって極上の履き心地を実現する、革新的なプレミアムランニングシューズブランドである HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)。

そのホカ オネオネから、拡張されたヒール形状が最高のクッションとホバークラフトのようなスムースな歩き心地を実現してくれる、大胆で革新的なハイキングブーツ「TenNine Hike GTX(テンナイン ハイク GTX)」を、11月6日より発売することが発表されました。

こちらは実際にモデルが着用した画像となりますが、ヒール部分が広く出ている独特な形状であることが分かります。

これは地面との接地面を最大限にするホカ オネオネ独自のHubble®ヒール形状により、クッション性と推進力を高めることを実現した革新的なもの。

このヒール形状とメタロッカーのソール構造により、足の衝撃を優しく受け止め、踵からつま先までの体重移動が効率的に行えるのだとか。

こちらは商品を色々な角度から見た画像となります。

アウトソールには耐久性を低下させることなく重量を軽減するVibram(R)Litebase構造を採用し、アッパーには水濡れから足を快適に守るGORE-TEXファブリクスの防水メンブレンを備えており、日帰りハイキングから数日間のバックパックトレッキングまで幅広く対応しているため、トレイル※にて最大限のパフォーマンスを発揮するアイテムとなっています。
※トレイルとは…森林や原野、里山などにある「歩くための道」のこと。また、こうした道を歩く速さで旅すること。

「TenNine Hike GTX」は rPET(リサイクルペットボトル)素材と組み合わせたGORE-TEXファブリクスを裏地に使用。また、フィット感と通気性を兼ね備えるARIAPRENE(R)リサイクル素材を使用しており、サステナブル(持続可能な環境に優しい)アイテムとしても完成しています。

注意点として、こちらのアイテムはアウトドアで使用するために設計されたアイテムです。そのため日常生活、特に階段の上り下りや車の運転等には使用しないよう、ホカ オネオネは注意喚起しています。

以下、アイテム詳細となります。

●「TenNine Hike GTX(テンナイン ハイク GTX)

価格:38,500円(税込)
カラー:Moroccan Blue / Saffron
発売日:2020年11月6日
製品情報ページ:https://www.hokaoneone.jp/tennine-hike-gtx/
販売店舗:スポーツ・アウトドア専門店、スニーカーショップ
[取り扱い店舗一覧]
https://www.hokaoneone.jp/blog-post/?id=storelist-tenninehikegtx
ホカ オネオネ公式サイト:https://www.hokaoneone.jp
展開:Men’sのみ(25.0cm – 30.0cm ・ 1色 ・ 504g/27cm)
ソールスペック:オフセット33mm / ヒール29mm / フォアフット4mm

アウトドア、特に登山やハイキング・トレイルなどに適したハイキングブーツ「TenNine Hike GTX」は、11月6日よりホカ オネオネ公式オンラインストア、並びに取扱店にて販売開始となります。

驚くほどスムースに進み、クッション性が高いため足への負担も軽減してくれる「TenNine Hike GTX」を、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。