大野智&櫻井翔、嵐のつながりは“一生もの”「ずーっとよろしく!」

© 株式会社マイナビ

アイドルグループ・嵐の大野智と櫻井翔が29日、都内で行われた「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」に登場した。

年賀状コミュニケーションパートナー6年目となる嵐。5人が出演する新CM「つながる人」篇が、きょう29日より全国で放送される。今年のCMのキャッチフレーズは「このつながりは、一生もの。」。嵐のメンバーにはセリフがなく、年賀状を書くしぐさや読む表情、ちょっとした身のこなしで、年賀状を通じて人と人がつながっている様子を表現している。5人が出演する「オムニバス」篇、1人ずつ出演する「大野さん」篇、「二宮さん」篇、「松本さん」篇、「相葉さん」篇、「櫻井さん」篇の全6種類で、順次放送される。

「大野さん」篇では、窓越しに小雪の舞う空を見上げ、思いをはせる大野。不意にいつしかの思い出が頭をよぎり、思わず笑みがこぼれ、その思い出とともに年賀状をしたためる。同CMでは、「たまにしか会えなくても、いっしょに生きている」というメッセージが流れる。「櫻井さん」篇では、年賀状を書きながら相手の顔を思い浮かべる櫻井。初めて送ってから何枚目の年賀状になるのか、思いを巡らせる。同CMでは「まさか、こんなに長い付き合いになるなんて」というメッセージが流れる。

大野は「撮影でも空を見ているシーンがありましたが、なかなか会えないけど、同じ空を見てつながっていると感じました」としみじみ。櫻井は、「まさか、こんなに長い付き合いになるなんて」というメッセージで誰を思い浮かべたか聞かれると、「メンバーですよね」と答え、「本当にこんなぴったりというか、すごく胸に響くメッセージでした」と語った。

また、「一生もののつながりを感じてもらえるような、年賀状でメンバーに送りたい一言」をそれぞれ発表し、櫻井は「出逢った頃は中学生。25年も一緒にいます。これからも、ずーっとよろしくです!」とメッセージ。「僕が13歳、大野さんが14歳の時からずっと一緒にいて、25年も一緒にいるとは想像しなかったですけど、これだけ長くいるとその先を想像してしまう。一生ものなんだろうなと思いながら、これからもよろしくです、とイメージして書きました」と説明し、大野も「本当に家族以上に一緒にいるので、これは忘れることはないし、ずっと一緒にともにしていくんだろうなと確信になっています」と同調した。

大野がメンバーに送りたい一言は「これからも変わらず、一生連絡を取り合おう!」。「一生連絡をとると思います。それを言葉にしてみました」と言い、櫻井も「仕事のことはもちろんですけど、なんでもないことで連絡をとりあったりしているので、この関係はずっと変わらないんだろうなと思います」と話した。

さらに大野は「間違いなくメンバー、嵐は一生もののつながりですし、これからも年賀状を通してつながっていくなと思います」と述べ、「年賀状を通して人とのつながりを大切にしてほしいと思います」とメッセージを送った。